III

2014年12月08日

5D Mark III 連写→Busy頻発の修理

CANONに修理を頼んでいた、5D Mark IIIが戻ってきました!おかえり〜。

10686622_10152550628086347_716725368695800269_n


数枚連写すると、カードへの読み込みBusyとなり、シャッターがそれ以上切れない状態が続いていました。一度これが起きてしまうと、一枚シャッターを切るたびにBusy。

私がこのカメラを中古で買ったのは去年の5月。
既に半年使用されたものだったので、CANONの保証期間は12月まででした。
購入した中古店で付けた保証期間は1年だったので、今年の5月まで。
全ての保証が切れているので、全額自己負担です!

データ量が重たいとか、きびしい条件で撮影しているせいかな、とも思っていたのですが、全く同じ機体2台(私物&会社所有の5D Mark III)で撮っていて、レンズを付け替えたり、カードを入れ替えて同じ条件で撮影してみても、会社の5D Mark IIIにはその症状が出ないため、これはやはり私物のほうがおかしい、とCANONサービスセンターに持ち込んだのでした。

私が今回訪れたのは、銀座のサービスセンター。
松屋や伊東屋のあるエリア、CANONショールームのおとなりのビル2階にあります。

1476368_10152530639916347_3230946572811348164_n


持っていったのは2014年11月28日(金)のお昼。待つことなく対応してもらえました。
カメラに限らず、CANON製品の修理や簡単なメンテ、アドバイスももらえる場所のようで、コンパクトデジタルカメラを持ち込んでいる人や、カメラの使い方の質問をしている方もいらっしゃいました。

症状を聞いた担当の女性がメモをとり、まず本体のみを持って裏手で基本チェックをします。
私の話した症状は出なかったけれど(そしてそのほかの基本動作は全く問題はないけれども)、ボディを開けて中をしっかり見てみないと、なにか原因があるのかはわからない、とのこと。
そして、ボディを開けるには専用の場所に送り、何か原因があってもなくても、作業費12,000円(税別)がかかるという説明でした。

ボディを開けた後、部品を替えたり修理の必要があれば、12,000円にその費用が乗っかります。
なので、結果いくらになるかは、とにかく中を見てみないとわからない。
まずは開けて、そこで何の修理をするのか=かかる費用が決まるのですが、「修理費がいくらまでなら、ご連絡なしでとにかく修理を進めることにしますか?」と聞かれました。

Mark IIIは修理費がかなりかかることもあり(カメラ機構の中心になるほど、その可能性が高くなる)、無条件でなおして!という頼み方は危険だとのアドバイス。
ただ、連絡をもらうことになると一旦作業を停めることになるので、完了までの日数がその分かかることになる。早く修理を終えて手元に戻したいのであれば、ある程度の金額を覚悟して上限を多めに伝えておいたほうが良い、ということでした。

おおよそ目安でも構わないので、あり得る修理としてはなにが想定されますか?とそのスタッフの方に尋ねると、巨大なファイルが登場。パーツごとにかかる費用がすべてファイリングされています。
彼女の経験値から、おそらくカードにデータを書き込む部分の故障=4,000円。
あるいは、その管理をしているパーツも交換となると、20,000円。
つまり、36,000円が上限ではないか、とのことでした。

修理をしてもらわないことには、Busy多発の症状は収まらないので、えーい36,000円で!とお願いすることにしました。

さて、そして結果。
言われたよりも3日ほどはやく、12月7日に修理完了の連絡電話がありました。
故障の原因を聞いてみると、続きを読む

akikoyanagawa at 11:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年10月11日

飛行機の窓から朝焼け 2014年10月

飛行機から見た、近畿地方あたり。

朝焼けが綺麗でした。
Mark III 5Dとキットレンズ。




も一枚。




飛行機から土地が見えると、つい凝視してしまうのは私だけではないはず。

akikoyanagawa at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年11月30日

紅葉@日比谷公園

日比谷公園の紅葉。
5d Mark IIIで撮影。













紅葉だけではなく、公園の木樹の雰囲気も良いですね。







akikoyanagawa at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年08月11日

東京湾華火2013

あさイチでちょうど寸前にやっていた、花火の撮り方を参考に、バルブ撮影モードで撮ってみたら大正解!

Mark III にCanon EF 70-200mm f/2.8L IS USM望遠レンズ、三脚に乗せて。
シャッターボタンを押している間、光が入ってくるので、時間を調整しつつ撮影します。
長すぎると明るすぎて真っ白になっちゃったり、狙う場所から花火がずれた位置で花開いたり…いろいろありますが、予想できない写真がどんどん見られるので、夢中で撮ってしまいました。

ほんとうに「花」みたい。
いつもとまたちょっと違う、花火の美しさを堪能しました。






















akikoyanagawa at 05:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年06月28日

EOS 5D Mark IIIと、はじめての旅行

カメラを買いました。
CANONのEOS 5D Mark III EF24-105L IS U レンズキット。

去年、これの一つ前のMark IIを会社で使うように買ってもらい、自分で買って持っていたエントリー機との差に愕然としました。フルサイズ機って、ロクに知識もない素人が撮っても、こんなに違うのかと。光が柔らかくて、色の微細な差が綺麗に出る。

今回ドイツに用事で行くことになり、私物としてどうしてもこのレベルのカメラを持って行きたくなりました。で、たまたま出たちょっと安い中古を勢いで買いました。
ちょこっと安くなったぶんで、今まで使っていたストラップでは、重さを支えられないので、しっかり首からかけられるAcruのを注文。

マークさんとストラップ


持って行って本当に良かった、と、あちらにいる間も、帰ってきた今も、つくづく満足しています。

自分が気に入る写真が撮れたし、益々カメラって愉しいと思えました。
それとこのカメラ有名なので、続きを読む

akikoyanagawa at 22:47|PermalinkComments(3)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote