東京

2017年02月04日

マリメッコ展@渋谷東急Bunkamura

マリメッコ展、覗いてきました。

marimekko2017


マリメッコというテキスタイル会社(オリジナルデザインの柄を、布地などにプリントして売っています。最近は洋服や食器、ポーチなどにも展開。)の、黎明期から今まで。
なんとなーく知っていて、好きな柄もあって、時々買い物していますが、1949年にできた小さなテキスタイル工場(プリンテックス)からスタート、布地も見てもらうためにファッションショーを開催&大評判、そこからマリメッコが生まれたことや、事業としてすぐにうまくいったわけではなかったことなど、知らないことがたくさん。

有名なウニッコが初期のものだとか、



あの車のデザイン「ブ ブー」は、日本のデザイナーさんのものだということも初めて知りました。



テキスタイルから洋服デザインにするときに、柄を小さく服に合うようにしたりということもあったんですね。

展示は時代ごと、デザイナーさんごとに分かれていますが、続きを読む

akikoyanagawa at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2014年04月13日

NASAハッカソン密着撮影!

NASAのオープンデータを使って、社会問題解決のためのアプリをつくろう!というイベントがあります。NASA Space apps challange.
【NASA Space apps challenge 2014】
毎年4月、NASA指定の2日間、一斉に世界各地でわれこそは!という人たちが集まり、発表できる形にまとめていきます。

個人でも参加ができるのですが、東京で会場を用意し、グループで作業しやすいように環境を整えている非営利組織があります。
【International Space Apps challenge TOKYO】
ここで審査を経て2グループを選出、その後控えているNASA本部での審査へ送り出します。

去年、その事務局スタッフの人に声をかけていただき、様子をみっちり撮影することになりました。
あまりに楽しかったので、今年もぜひ!と参加しました。二度目の撮影です。

IMG_0982


集まってくる参加者は、仕事でプログラム、デザイン、ウェブ関連作業に長けた、宇宙が大好きな皆さま。今年は、100人以上が、東大のリサーチキャンパスに集まりました。

©photo by Akiko Yanagawa, ISAC Tokyo Bureau, CC BY.

どんなアプリが生まれたか、詳細はこちらをぜひ。
【データアーティストが公式メディアスポンサーとして協力している、NASA主催ハッカソンの開催報告です。】
(東京から選ばれた2グループのうち1グループが、受賞はなりませんでしたが、最終選考まで残りました。惜しいなあ!次に期待。)

当日の様子。

ここでは、撮った写真の一部をご紹介。
みなさんの表情が良くて、撮っているほうがたまらなく楽しかったのです。続きを読む

akikoyanagawa at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2011年04月23日

東京フリーランスミーティング

ウェブ制作関係の仕事を、フリーランスでやっている人たちの会「東京フリーランスミーティング」に参加して来ました。
厳密に言うと、私の仕事の仕方はフリーランスと言い切るには語弊があるのですが、似たような仕事に関わる人たちが一同に会する場に興味もあったし、今後の自分の携わり方に関してヒントが得られるかも、と思ったのです。

たまたまTwitter上で流れていた情報を見て、面白そう!と申し込んだタイミングが良かったので行けましたが、聞く所に寄ると80人の枠に対してかなりのキャンセル待ちが出たそう!滑り込めてラッキーでした。

今回の会場は、青山のオラクル内の一室。
前を通ったことはありますが、建って数年のビル内はぴかぴか、適度に落ち着く内装が羨ましい。
ベンダーマシンからフリードリンク飲み放題、Wi-fiも使わせてもらえたので、持って行ったiPad(Wifi+プリペイドの契約なので)も十二分に役立ち快適でした。

tfm会場


さて、内容ですが、続きを読む

akikoyanagawa at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote