感想

2017年03月03日

【読了】「狩人の悪夢」有栖川有栖

有栖川有栖氏の作品は、優しい。
犯罪という穏やかではないものを扱っているのに、その優しさに毎回、何度も涙ぐんでしまいます。

「狩人の悪夢」も、そんな彼だからこその結末でした。

(ネタバレ無し)

狩人の悪夢
有栖川 有栖
KADOKAWA
2017-01-28



追い詰められた極限状態にあるからこそ発露する、愛情や憎悪、醜さと面白さを、有栖川氏は丁寧に、それはそれは大切に扱う。そこに優しさを感じるのです。

彼は人が好きなんだなあ、と毎回思います。人というものの儚さや強さが、小さな描写に散りばめられていて、読み手の心の奥底を揺さぶります。

事件をロジカルに暴いてゆく、一見冷徹な火村と、推理作家という立場からあらゆる可能性を提示し、間違うことで、火村を間違っていない道へ導く作中キャラクターの有栖川有栖のコンビは、生まれてなんと25年になるそうです。

あとがきは、彼らの物語を新たな視点から書いてみたいともあって、ファンとしてはまた楽しみが増えました。
続きを読む

akikoyanagawa at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月08日

目から鱗!「執事のダンドリ手帳」

執事のダンドリ手帳
新井直之
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2012-11-29



手帳コミュニティで随分前に話題になってた本を今更読んでいますが、得るものがとても多い本!
複数のタスクを“完璧”にこなす執事業の筆者が、無理せず仕事を進めるコツを易しく教えてくれています。

言われてみれば、そりゃそうだ!ということばかり。実際自分もやっていることもありました。
たくさんのタスクが降っていた時に、まずするべきこと、そもそも基本的な自分の在り方が、最近ずっと言っている瞑想の会で学んでいることとぴたりと一致。
手法は違っても、自分をより幸せにするための根本はひとつであると、再認識もしました。

「完璧な仕事をする」の考え方は、特に目からウロコでした。
仕事に追われて効率悪いなあと思っている人にお薦めの一冊です。

※私はKindleで買いましたが、もちろん印刷された書籍としても出ています。
執事のダンドリ手帳 ~やるべきことがみるみる片づく
新井 直之
クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
2012-11-13



akikoyanagawa at 06:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年08月14日

7・5・3歳とミュージカル『アラジン』

夏休みに、7・5・3歳の甥っ子たちと劇団四季『アラジン』を観に行きました。



私は既に『アラジン』は何度か観ているので今回は舞台自体の感想ではなく、子どもたちと『アラジン』を観に行ったことについて、メモしておこうと思います。
作品自体の感想はこちらで。
【劇団四季『アラジン』@電通四季劇場 [海]】

IMG_8260


劇団四季の専用劇場での公演は、3歳以上の子が、1席1人で座る場合は有料になります。
3歳未満はひざ上観劇は可能。ただし、騒いだりした場合は係の人が吹っ飛んできて、ガラス越しに舞台を観る親子観劇室か、ロビーでモニター観劇するよう言われます。
自分判断で座席を立つこともできるので、例えば途中で子どもが寝てしまったら、その後観劇室に退避というのもアリですね。
この辺は係りの人が適切に判断してくれるので、これ以上座席で観るのが無理そうだなと思ったら、早目に係りの人のところまで、頭を低くしてさっと移動しちゃうのが良いかと思います。
ちなみに一度、劇中に子どもを連れてトイレに立ったら、足元をペンライトで照らしつつ退場→トイレまで案内→トイレが終わるのを待って、良いタイミングで入場→席まで足元を照らして案内、とこれまた丁寧に案内してくれて、ヒヤヒヤすることなく安心して席まで戻れました。あれは有難かったな。

1.チケットを子ども料金で取る
演目によってはファミリーゾーンがあり、そのゾーン内の席であれば、子供料金として少し安い値段でチケットを買うことができます。(大人料金でも良ければ、もちろん普通の席に子どもも座れます。)
大抵一階の後方とサイドの数列。金額的に助かるだけではなく、そのゾーンであれば同じように子どもが集まっている可能性が高いため、周りに迷惑になりにくいかも、と気が楽です。
今回は3月の『アラジン』チケット発売日に、ファミリーゾーンの中では一番前の、通路側の席(トイレと言われた時に出やすい)を押さえました。

2.作品情報の入れ込み
チケットを取ったら毎回やっているのが、子どもたちに、観せる演目の情報をしっかり入れこむこと。
DVDが出ている作品ならそれを見せ、原作がある場合はそちらを。今回の『アラジン』では、ディズニーのアニメーション映画を見せて、開幕後の特集ドキュメンタリーを見せて、日本語版のCDを聞かせていました。
大人でもそうですが、折角なら曲やキャラクターなど、内容を少し知っていたほうが楽しだろうなと思い、できるだけ作品に馴染みがある状態にしています。


3.観劇当日
さて当日。続きを読む

akikoyanagawa at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年05月27日

劇団四季『アラジン』@電通四季劇場 [海]

5月24日(日)に開幕した、劇団四季『アラジン』。
27日(水)に観てきました。



ブロードウェイでランプの魔人ジーニーを初演で演じたJames m. iglehartさんがツイッターでもお祝いコメント!


今日の席は、1階12列。
通常は通路の位置にセンターブロクのみ一列増えているので、いつもどおり通りすぎようと思い「あれっ!」と戸惑うお客さん多数でした。
舞台の全体が見渡せて、俳優さんの細かな表情も自然に目に入ってくる良い位置。
迫力で言うと、もう少し前のほうが良いかもしれない。でも、十二分に堪能できる良席でした。

----------
さて、本編。
最初に観た時の感想は「!!!」。訳すと、続きを読む

akikoyanagawa at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年10月09日

エニシング・ゴーズ@帝国劇場

エニシング・ゴーズ@帝国劇場。
1934年ブロードウェイ初演。この作品の中の曲は有名なものが多く、私も知ってはいるものの、作品は観た事がなかったのと、保坂知寿さん観たさに行ってきました。

1379338_10151702486371347_1144655103_n


ドタバタのコメディ。脈絡のない展開。これぞミュージカル!というダンスシーン。
あっけらかんとしたエンターテイメントで、作品自体の雰囲気は好きなんだけれど、続きを読む

akikoyanagawa at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年01月04日

映画『レ・ミゼラブル』

65156_10151231622826347_3356917_n


年始に、映画『レ・ミゼラブル』を観てきました。

舞台版は、1990年頃、高校生で初めて観て、その後数回観ています。全て日本での公演、帝国劇場。
あとは、10周年記念コンサート(鹿賀丈史さんが最後ゲストで日本のジャン・バルジャン役代表として登場)のDVDも好きです。
セリフを覚えるほど…ではないのですが、好きなナンバーは諳んじています。

というのが、私のだいたいの『レ・ミゼラブル』知識。
熱心なファンとは言いがたいけれど、好きなナンバーやシーンも多く、「壮大な作品だなあ」と感じています。
予告編を観て、おおさすがに、バリケードのシーンとか、One Day Moreとか迫力ありそうだなあ!と楽しみにていました。

だったのですが。
観終わってからの感想としては、「残念…!」でした。

でも、今回映画を観て良かったな、と思った点もありました。まずはそこから。

“ジャン・バルジャン”という人の気持ちの揺れや、生き方がくっきりと見え、ああ、こういう人だったのか、だからあのときこういう行動をしたのか、と、彼の行動への共感や興味が高くなったこと。
舞台で把握している時には、なによりもやっぱり演出の華やかなシーンや、美しいナンバーの印象が強くて、ジャン・バルジャンという人が中心にいることはわかっていても、どうにもそちらに視線が向きにくかったのです。
ジャン・バルジャンを演じたヒュー・ジャックマンもとても合っていたし、表現も豊かで好感を持ちました。2004年のトニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞した、ブロードウェイの舞台『ザ・ボーイ・フロム・オズ』、名前だけは聞いていたけれど、これも観てみたいな…と思いました。

もう一人、観る前から評判を聞いていた、エポニーヌを演じたサマンサ・パークス。
彼女の表情もとても素敵でした。気の強そうな表情、それでいて夜中の石畳の道に佇むぽつんとした姿の頼りなさ。
彼女は25周年コンサートでもエポニーヌを演じていたのですね。ううむさすが。いつか、舞台に立つ姿を観てみたいです。

また、今回映画になったことで、キャメロン・マッキントッシュ『レ・ミゼラブル』の美しいナンバーの数々が、たくさんの人の知るところになったことは、嬉しいな〜と感じています。

さて、以下は残念だったところ。続きを読む

akikoyanagawa at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(1)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2012年08月05日

『紙屋悦子の青春』@スタジオAR

はやびと第5回公演『紙屋悦子の青春』を観てきました。

紙屋悦子


終戦直前の鹿児島の小さな一家が舞台。
既に両親は亡くなり、悦子と兄夫婦の暮らし。
最前線の描写はなく、ふつうの女性の生活のようすが、のんびりした言葉で展開していきます。彼女に起きる変化は唯一、縁談が持ち込まれお見合いをすることになる、ということ。

背後に見え隠れする、あの時代の正論や義務感、圧迫感、閉塞感。
どれだけたくさんの人が、物理的な力と目に見えない圧力によって、心を壊され人生を台無しにさせられたのか。
幸い今の私のまわりにそういう鬱屈した空気はないけれど、今このときでも、実際そういう境遇に生きている人がいるということを考え、いたたまれなくなりました。

小さいセット、少ない人数ながら、とてもしっかりした演技をする役者さんばかり。
大きい舞台での芝居を観ることが多いのですが、こういった小さくも良質なものを観ると、舞台や役者さんには本当にいろんなタイプがあることにはっとします。

堀佳弥さん演じる主人公“悦子”の、芯が強くひたむきな姿や、キムラかなさん演じる、明るくおしゃべりな、それでも周りのひとの幸せをつよく願っている“ふさ”のセリフのひとつひとつが、じっと心に残っています。
あと、明石さん(稲葉能敬さん)と、永与さん(岩澤亮司)の掛け合いがとても楽しかった。セリフではない間合いだけで、お客さんがくすくす笑ってしまうことがしょっちゅうでした。

終戦記念日が近いこの日に、いい芝居と、改めて戦争の中にあった人達のことを考えるチャンスを与えて貰い、感謝。

作:松田正隆
演出:阿部伸勝 

悦子:堀佳弥
ふさ:キムラかな
安忠:山村賢
永与:岩澤亮司
明石:稲葉能敬
夫:阿部伸勝
妻:玉木文子

映画も観てみようかなあ。
どんなふうだろう。

紙屋悦子の青春 [DVD]
紙屋悦子の青春 [DVD]
クチコミを見る


akikoyanagawa at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote