多崎つくる

2013年04月17日

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」読了

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年
色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [単行本]


4日ほどで読み終えました。安定の春樹ワールド。
ただし、年を経るごとに、混沌が混沌のまま放り出されることなく、構造が整頓されてきているかもしれません。霧が晴れる混沌と、そのまま、混沌のままにしておく、という振り分けがなされていて、物語の中の見通しがすっきりしている印象。
初期の混沌だらけの世界も好きでしたが、最近の作品はまた別の面でで惹かれるものを感じ、読み続けています。

36歳主人公の、心の冒険の物語。この長さの小説にふさわしいスケールの、静かながらも深い冒険です。
「村上春樹」作品は、続きを読む

akikoyanagawa at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote