音楽

2017年11月30日

上原ひろみ x エドマール・カスタネーダ@COTTON CLUB 2017

上原ひろみxエドマール・カスタネーダ@コットン・クラブ、行ってきました。
この規模のハコで、この距離感で見られて本当に良かった。

171130_185305_PEN53267


上原ひろみさんはジャスピアニスト、エドマール・カスタネーダさんは、エフェクターにつないだハープであらゆる多彩な音を紡ぎ出すジャズミュージシャンです。
2つの弦楽器で、セッションや上原さんのつくった曲を、1.5時間たっぷりと。

171130_204208_PEN53279


171130_205829_PEN53286_edit


上原さん、パワフルな演奏をする人だ、とは聞いていましたが、続きを読む

akikoyanagawa at 11:21|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年11月24日

松居慶子@COTTON CLUB 2017

初COTTON CLUB!
東京丸の内にある、生演奏が聴けるレストランです。

主にアメリカで活躍する、ジャズピアニスト松居慶子さんのショーに行ってきました。
去年のアルバム「Journey To The Heart」で、全米ビルボードのコンテンポラリージャズ・チャート2度目の初登場1位!だったそうです。どの曲も素敵だものなあ。
171123_184829_PEN53213


私はインターネットラジオのチャンネルSmooth Jazz New Yorkを聴くのが好きなのですが、そこで流れていたのが、松居慶子さんとBob James氏のアルバムの中の一曲。

気になって調べて、アルバムを購入。
Altair & Vega
Bob James & Keiko Matsui
Ent. One Music
2011-09-27



聞いていると心がほっとして気持ちよく、もっといろんな作品を知りたいと思いました。
Bob James氏のアルバムは既にほとんど持っていたので、松居慶子さんのアルバムを探し、気になるものを数枚ダウンロード。
それ以来、集中したい時の大事なお供です。

今年わくわくバンドのライブに行くようになってから、気に入った音楽があったのなら、自分が慣れ親しんだジャンルや会場ではなく、そこに飛び込むのに勇気が要るとしても、絶対に生で聞いてみたほうが良い、と心から感じるようになり、ライブにいろいろと通っています。
松居慶子さんのライブにも一度行ってみたいと思い、Facebookのページをチェックしていたら、今回のコットン・クラブでのライブを発見。行くことにしたのです。



ブルーノートは行ったことがありましたが、コットン・クラブは初めて。
このタイプの会場でのショーは、なんとなくハードルが高そう?とちょっと構えていたのですが、商業ビルの2階にわかりやすく入り口があって、お店の方も丁寧で、特に困ったり迷うこともありませんでした。

171123_164159_PEN53184

入り口を入ってクロークでコートを預かってもらい、更に進むと受付です。
予約の時点で、私は自由席を選んでいました。当日はスタッフの方に伴われ、自由席の空きの中から、好きな場所を選びます。

私は到着が20分前だったので、あまり選ぶ余地は無かったのですが、だいたいどの席からでもステージは見やすく作られているので、特別なこだわりがなければ、どこでも問題はないのかも。
171123_164737_PEN53185のコピー


好きな食べ物や飲み物を注文し、ステージがはじまるのを待ちます。
距離の近さにびっくり!

171123_165957_PEN53189


演奏の最中以外なら、撮影しても良いとのことだったので、ゴージャスな店内を撮ったり、アセロラジンジャエールを飲んだりして過ごしていました。

さて、開演時間。続きを読む

akikoyanagawa at 23:38|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年11月03日

ニコニコ超パーティ!2017

ニコニコ超パーティに行ってきました!さいたまスーパーアリーナにて。

171103_124658_IMG_1593

ゲーム実況者わくわくバンドが出るというので、それ目的で寸前にチケットを入手。
今年アルバムを聞いて、何度かライブハウスでのライブに出かけていたので、大きな会場でのパフォーマンスがどんなふうなのか、興味があったのです。
腰掛け参戦に都合の良い、2階席ほぼ最後列通路側でのんびりと2時間見てきました。

ものすごいエネルギーの集まった空間でした。
人気を集めるパフォーマーたちが次々登場。その度に歓声や喜びの悲鳴が響きます。

私は、わくバン以外知識がなかったのですが、続きを読む

akikoyanagawa at 21:23|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年09月18日

谷山浩子 x 橋本一子(猫森集会2017 Aプログラム)

谷山浩子さんの毎年恒例ライブ通い、始まっています。
全労済ホール スペースゼロにて。今年で16年目です。

<過去の記事>
【谷山浩子 x 大槻ケンヂ(猫森集会2013 Bプログラム)】(2013.9.20)
【谷山浩子xRolly & 谷山浩子x持田香織@スペース・ゼロ 2012】(2012.10.16)

IMG_0545


4プログラム x 1〜2日。ゲストが全部違い、プログラムごとに曲も全て入れ替わります。
Aプログラムのゲストは、ジャズピアニスト橋本一子さん。
これが…神がかって良く、呆然としてしまい、初日に聞いたあと、慌ててチケットを買い、今日Aプロ2日目にも行ってきました。続きを読む

akikoyanagawa at 22:30|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年08月24日

moleskine カイエで旅行ノート(その2)

moleskine カイエで旅行ノート、また少し増えてきたので、再度投稿。
連休のときはラージサイズ、一泊二日のミニ版はポケットサイズです。
【moleskine カイエで旅行ノート】(2017.05.12)

ラージサイズは方眼、
(できたらプレーンが良いけれど、字を書くのに、位置をある程度揃える目安になる)


ポケットサイズは面積が小さい分、若干位置がずれても気にならないので、プレーンを使っています。



だいぶまとめることに慣れてきたので、一部中身を載せておきます。
6月に行った仙台一泊二日、です。ゲーム実況者わくわくバンドのライブ+観光でした。

表紙。
無地なので、いろんなものを貼ったりスタンプしたりがし易いです。
170823_072217_IMG_0259


背表紙にチケット。
剥がれやすいところは、透明テープで補強。
170823_072224_IMG_0260
続きを読む

akikoyanagawa at 20:57|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年08月19日

わくわくバンド7thコンサート in 金沢

わくわくバンドの金沢ライブ、楽しかった!!!!!
全開もライブ後に言ったけれども、今回も心から「来 て 良 か っ た。」

仙台につづいて2度目。
もう一回見たいと思い、仙台から戻って即、チケットを取ってしまいました。

【わくわくバンド7thコンサート in 仙台】(2017.6.17)



6月仙台よりも、メンバーみなさんのぴったり感、ライブできて楽し〜オーラが明らかに増していて、釣られてお客さんのボルテージも上がっちゃって、気がついたらみんな一緒に歌ってた、という空気感が気持ち良くて。

いつもよりも男の人が多く、それもあったのかなあ。
個人のファンだけではなく(それも必要な要素だけれど)、バンド自体のファンが増えるのは私はとても良いなあと思っています(^ω^)

例によって後方の、続きを読む

akikoyanagawa at 23:00|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年07月30日

フジロック'17、小沢健二を聴きに

フジロック。
170729_150347_IMG_9544

小沢健二、ホワイトステージ。入場規制がかかる盛況ぶりでした。

今回フジロック行きに誘ってくれた、小沢健二ファン歴の長い人についていったら、かなり前方のセンターへ。おー見える見える!

「今夜はブギーバック」(スチャダラパーの3人も一緒に)、「ラブリー」「愛し愛され生きるのさ」など、メジャーなセットリストがメインでしたが、続きを読む

akikoyanagawa at 17:01|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年07月02日

YUKI コンサートツアー"Blink Blink" 2017 @横浜アリーナ

YUKIのコンサート、行ってきました。
横浜アリーナにて。
ヒット曲のサビくらいしか知らなかったのだけれど、それでも楽しかった!

image


YUKI本人だけではなく、アリーナいっぱいに溢れるエネルギーに圧倒されました。
楽しい時はとことん楽しんで、苦しい時は歯を食いしばってでも、意地でも明るい方を向いてやる!という眩しい歌の数々。惜しみなく26曲。

照明や背面モニタの使い方も面白かった。
彼女の姿を大きく写すだけではなく、続きを読む

akikoyanagawa at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote