イベント

2017年06月14日

「立ちすくむ国家ワークショップ」参加しました

経済産業省の官僚の有志が、省内の総会に掲出した資料「不安な個人、立ちすくむ国家」が、少し前に一部で話題になりました。
【「不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜」】

資料pdfのダウンロード数はひと月で120万を超えたそうです。

今ある日本の制度は、戦後間もない時期の日本の社会を基礎に置いているものが多く、どう生きて行くか(結婚や出産に関すること、働き方や人生の閉じ方、娯楽など)がすでにその時期からは変容してしまっているのだから、そりゃ凡ゆる所で不満や齟齬が生まれるはずだよね、という現状のレポートと、ではどうしたら良いのか?と、それに対する提案が添えられたものでした。

この資料作りのメンバー・20-30代経済産業省官僚も参加しての、ワークショップに参加して来ました。
170613_185234_MK3_8761

資料に意見したり批判するのではなく、資料を踏まえて、自分自身になにができるか、を個々が導き出すのが、この日の目標でした。

170613_190731_MK3_8781

まずは続きを読む

akikoyanagawa at 22:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2017年02月04日

マリメッコ展@渋谷東急Bunkamura

マリメッコ展、覗いてきました。

marimekko2017


マリメッコというテキスタイル会社(オリジナルデザインの柄を、布地などにプリントして売っています。最近は洋服や食器、ポーチなどにも展開。)の、黎明期から今まで。
なんとなーく知っていて、好きな柄もあって、時々買い物していますが、1949年にできた小さなテキスタイル工場(プリンテックス)からスタート、布地も見てもらうためにファッションショーを開催&大評判、そこからマリメッコが生まれたことや、事業としてすぐにうまくいったわけではなかったことなど、知らないことがたくさん。

有名なウニッコが初期のものだとか、



あの車のデザイン「ブ ブー」は、日本のデザイナーさんのものだということも初めて知りました。



テキスタイルから洋服デザインにするときに、柄を小さく服に合うようにしたりということもあったんですね。

展示は時代ごと、デザイナーさんごとに分かれていますが、続きを読む

akikoyanagawa at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年12月25日

夜の迎賓館 2016

ライトアップされている迎賓館を観に行ってきました。




夜間公開は昨日今日の特別プログラムだそう。
しんとした暗闇に浮かび上がる建物の静謐さに、いい時間見入ってしまいました。













随時開催されている一般公開同様、館内も見て回ることが出来ました(昼間の一般参観だとさらに中庭なども見られます。こちらは随時抽選申し込み受付しています)。

選び抜かれたものだけを使って、細かなところまで拘って作った空間は、例え芸術に造詣の深くない私でも、「特別」であることがわかりました。

建物外観の隅々まで行き届いた細工、館内はドアノブやプレートひとつとっても、すべて輝きを持ち、丁寧に手入れされています。
触っていいのは続きを読む

akikoyanagawa at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年08月16日

真夏の夜の動物園 2016

夜の動物園に行ってきました。

160815_173949_MK3_0022

ここ数年、お盆の時期数日間だけ、上野・多摩・井の頭動物園、それと葛西臨海水族園が20時まで開園、いつもと違う様子を見学できる催しが行われています。
数日前に夜の葛西臨海水族園に行ったところ、6歳の甥っ子がすっかりハマり、
【夜の不思議の水族園 2016】(2016.8.13)

ディズニーシーの予定を急遽キャンセルして、上野動物園へ向かうことになりました。

甥っ子たちには昼寝をさせて、17時に入園。
池之端門から入ると、動物ごとに観られる時間帯の案内が立っていました。

160815_171203_IMG_3621

見たい動物が寝床に戻る時間をチェックして、回る順番を考えます。

17時をめざしていった理由は、続きを読む

akikoyanagawa at 10:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年03月26日

パーティのすべてを詰め込んだノート

少し前に、90人規模のパーティを開きました。
親しい人におめでたいことがあったので、思い当たる人に声をかけていったら大規模に!ひとえに、主役の人柄だなあと、驚きつつも納得です。

さて、私はこのパーティの言い出しっぺの一人、スタッフとして裏方をやりました。
準備を始めるにあたり思い出したのが、12月のモレスキンイベントでいただいた、モレスキンチャプターズジャーナル。使ったことはなかったのですが、ページの途中途中に表紙が挟まったこのノートは、こういった仕事にぴったりなのではないか、と思い、開封したのでした。

結果。大当たり!!
使うほどに、チャプターズジャーナルが、こういった大きなイベントの準備にぴったりだと知ることになりました。
PEN51317


その理由は…続きを読む

akikoyanagawa at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月27日

1D Xに触ってきた!CP+2016

カメラ関連の製品展示会、CP+に行ってきました!
ライブなどを頼まれて撮っている、カメラとの距離感が同じ友人と。堪能しました。

IMG_1179

私はこないだ発表になったCanonの1DX、友人はPENTAXの4月発売フルサイズ機K-1が目当て。会場はごついカメラを下げた人だらけ、男性が目立ちました。

Olympusブースで、レンズだけのカメラ・Airを使って、Pepperと自撮り写真を撮ろう!というコーナーに並んだのですが、私がシャッターを切ってもらった瞬間に、Pepperが連続駆動によるクールダウンのため、シャットアウト…私の顔を撮った途端に、強制終了!残念。

IMG_1155

気を取り直して、目的のCanonの巨大ブースへ。

MK3_9872

10分ほど並んで、1DXに無事触ることが出来ました。
1DXは連写を得意とするカメラなので、お試しコーナーの被写体は体操の選手。
バク転したり新体操の小物をくるくる動かしたり、素早い動きを目の前で見せてくれます。それをこちらは1DXで撮ってみるという内容です。

(これは待っている間に5D Mark IIIで撮ったもの)
MK3_9867

MK3_9877


さて、私の番です。
MK3_9881


私が並んでいた列の担当は、続きを読む

akikoyanagawa at 20:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年02月18日

MIKA Japan Tour 2016

MIKAライブ@NHKホール。

IMG_0995


去年行った、新木場のライブハウスのワチャワチャ感とはちがうのかもなあ、と思っていたよですが、二曲目から一階席のほとんどと、二階席・三回席の少なくない数の人たちが立ちっぱなし、ペンライトが華やかに動き回ります。

「こんなに綺麗なホールだから、みんな今日はエレガントに、ね」なんて、本人が飛んだり跳ねたりしてたら、そりゃそうはならないですよね(笑)。

IMG_1064


ステージからは、ピアノを自在に弾きながら、溢れ出るMIKAの歌声。本当にこの人の曲は気持ちいい。
「Good guys」や「Origin of Love」「Lollipop」と、大好きな曲もたっぷり聴けました。

前回と同じメンバーのバンドが、後ろから彼を力強く支え、会場中がリズムに乗って踊っていました。
撮影OKなので好き好きにお客さんは写真を撮り、はしゃぎ、時にマイクなしのパフォーマンスに聞き惚れて。

MIKAも、客席を歩き回って毎日送別会みんなに囲まれながら歌ったり、貰った花冠をかぶったり、スマホのライトを点けて綺麗だねえと客席を見上げたりと、楽しんでいたようでした。
またきっといきます。







akikoyanagawa at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年01月17日

アルティメット人狼5、夜の部

アルティメット人狼5、観てきました。
人狼ゲーム(人のふりをした、人を喰う“人狼”が村に潜入。舌戦だけで、人狼が誰かを当てられたら村人の勝ち、当てられず人狼のほうが多くなったら人狼の勝ち。騙し合いと論破のゲーム。)に長けた人たちが舞台で繰り広げるプレイを、種明しない状態で一緒に見守るという公演でした。

夜の部だったので、ゲームクリエイターや棋士さん、そして人狼をベースにした公演を行なっている、人狼TLPTの劇団員さんが参加。
【人狼TLPT公式サイト】
2試合あったのですが特に1試合目、予想できる展開のあとに、想像していなかった結末となり、客席愕然!鳥肌立ちましたよ…!
人狼に慣れた人たちの打つ手がこれほどとは。恐れ入りました。

公式さんや出演者のtweet。








ニコ生で放送していました。
タイムシフトが見られる方は確認できます。プレミアム会員だけかな。


TLPTさんは人狼をからめた舞台もやっているそうで、なるほどこれも観てみたいな。


今月末のニコニコ闘会議でもやるらしい。
私がよく見ている、ゲーム実況のひとも輪に入って人狼をするそうで、それも楽しみ。

今回誘ってくれた人はまだ始めて3か月!と言っていましたが、会場の関係者や客席から、たくさん親しげに声をかけられていました。
初心者用のゲームもあるからやってみましょうよー!と…いやいやいや、怖くて無理…!

akikoyanagawa at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote