てくのろじー

2014年08月30日

Beats ワイヤレスイヤフォン "Powerbeats2 wireless" 購入

(追記:2017.02.12)
さらにこの後、Beats X を購入しました。
【Beats X wireless 〜2つめのワイヤレスイヤフォン】


Beatsのイヤフォン3代目、ほぼ毎日使用して1年半。一緒にいろんなところへ行きました。
【Beats by Dr. Dre Tour(2013.1.30)】

iPhoneイヤフォンジャックと繋ぐ部分の、コードを覆っている「きしめん」なカバーが剥がれて来て、中のケーブル線がちらちら見えてしまっていて、うーん、そろそろ次のを買わないとまずいかな、と思い始めたのが6月頃。

まさにその時期、Beatsのワイヤレスのインイヤーイヤフォンが出ることが発表になりました!
スポーツタイプPowerBeatsのワイヤレス。

【Beats 日本の公式ページ内商品紹介はこちら】

8月までじいっと待って、アップルストアに「白」が入荷したのを確認し、購入です。

Beats Powerbeats2 wireless(アップルストア)

翌日届きました。早っ!

PEN52312
続きを読む

akikoyanagawa at 22:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2013年07月11日

instgramの写真をブログに貼ってみる

instgramにアップロードした、自分の写真のコードが吐き出せるようになったとのこと。
それを使えばウェブページに貼り付けられます。

ためしてみると…

おお!Likeの数とかも一緒に張り付くんですね。
iframeなので、instgramの中での動向がそのまま反映されています。
(Likeが増えると、貼りつけた先のページにも最新の数が反映される)

あ、でもlivedoorのblog投稿メニューにも、instgramアイコンがあったな…
そちら貼り付けたのがこれ。



なるほど。
吐き出して貼っつけたほうが、見た目が良いですね。
テストでした。

akikoyanagawa at 16:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2011年10月04日

リアル・スーパーマリオ

リアル・スーパーマリオ。

クオリティ高いなあ!!!
キノコはそれ、なんですね。



Gismodeさんで紹介されていました。
【→マリオがリアルになるとクリボーがもの凄くかわいそう。(動画)

akikoyanagawa at 03:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2011年05月06日

Eye-fi使ってPENの写真をiPhoneへ

デジタルカメラで撮った写真を、無線のインターネットを使い、同じネットワーク内にあるパソコンや、googleのpicasaやflickr、30daysなどウェブ上の写真アップロードサイトに自動的に載せることが出来るようになりました。

eye-fiという、wi-fiの機能が付いたSDカードを使います。
eye-fi
続きを読む

akikoyanagawa at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2011年03月15日

非常時、SNSを使っていて思ったこと

地震の直後、携帯電話が繋がりにくくなり、直接連絡がほとんど取れない状態の中で、twitterがとても役に立ちました。

友人たちに直接連絡をとらずとも、それぞれが一言コメントを書いているのをみるだけで、一気に安否が確認できました。
逆に自分の無事も、一言残すことで報告ができる。助かりました。

プラス、いつもと違う帰り道、遠い距離をひたすら歩いている人に声をかけたりかけられたり、少しずつの言葉で安心を分かち合えたことも有難かった。

ただ、お互い気楽に発言ができる媒体であるためか、普通の時には知らなくて良かったであろう、災害はじめ、政府やマスコミなど大きなものに対する価値観の違いがお互いくっきりと見えて、うーん…と考えてしまうことも多いです。
自分の発言にも、気を付けなくてはいけないな、と、前以上に考えるようになりました。


また、直接会ったことはないけれど、時々コメントをやりとりしている海外の人たち数人が、「大丈夫?」と話しかけてくれました。
ちょっとした繋がりなのに、気に掛けてくれているんだ…と、温かな気持ちになりました。

ただこれは、あくまでインターネットが使える環境が残っていたから受けられる恩恵。
そうでない事態に陥ったときのことも、考えておかないといけませんね。

akikoyanagawa at 23:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年08月24日

10年3代

他の人のを見ていて、あっそうだ私もまだ持ってる!と思い、引っ張り出しました。
むかーし使っていた、電子手帳です

wizvisor


はじめて買ったのは、友達の真似をしてシャープのWIZ
ザウルスとか、ああいうのがはやりはじめた時期に、確か9800円と割と安めだったんじゃなかったかな。
住所録を手描きで入力できて(決まったマスに丁寧に書く)、それを赤外線で交換こ、また予定も登録できました。

その次に買ったのが、Palmの廉価版・Visor
パソコンと繋いで、データをやりとりができるようになりました。
簡単な文字のメモとかアドレス帳を、パソコンで修正してVisorに戻すとか、スケジュールを同期させたりもしていました。

それからだいぶたって、iPhone
液晶がカラーになっただけではなく、全面的にパソコンと同期ができる、インターネットができる、なんて、10年前から考えると夢のようです。

捨てずにもうちょっと取っておこうと思います。
例えば5年後、「取っておいた」端末を並べて、どう思うのかな~。

akikoyanagawa at 14:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年07月24日

ずらっとiPhoneipodiPad

友達の家に集まったときに、思いついてやってみました。

その場にあった、Apple端末大集合。
iPhone集合

手前から、わたしのiPhone 3GS、友だちのiPhone 4、iPod touch(第二世代)、iPad。

学生時代からそうだったけれど、こうして集めてみると、私たちみんなApple好きだよね〜と改めて。

私のiPadとか、この家の住人の歴代全部のiPhoneも一緒に並べてみればよかったな、とちょっと後悔しています。こんどやろう。

iPod touchでこれハマってるの〜と、教えてもらったのが、ガチャコンという無料アプリ。



ガチャコン


がちゃがちゃをやってちっこい景品をもらい、コレクションするというアプリなのですが、リリアンとか、メガネチョコ(!)とか、ナンセンスながら高精細なおもちゃがいっぱいです!
がちゃこん


まだまだ知らないアプリが山ほどあるなあ〜。




akikoyanagawa at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年07月20日

いつも一緒にいたい本

Scan Snapで、本をまるまるスキャンし続けています。

雑誌積み重ね

時間はそこそこかかりますが、本棚が驚くほどがらっと開いていると、妙な快感が。精神的にもなかなか良いです。捨てるか取っておくか、以外の選択肢ができたので、決断も楽になりました。
#ちなみに紙の薄い雑誌は、iPadで横にした場合見開き読みはちょっとキツいです。縦で1ページずつが限界。雑誌に関しては、電子化されたものを読むほうが明らかに快適だと思います。
wiredは電子化していますし、ほかのもどんどん増えてくれるといいな。
(以下すべてリンクをクリックするとiTunes Storeの該当ページが開きます。)
【WIRED magazine】



Oz magazineの電子版もよく出来ていました。
【OZ magazine】



フェリシモのカタログも。ただし見るだけ。
直接注文ができるようになればな〜。
【フェリシモ デジタルカタログ】




=====

取り込んだものは、iPadに放り込んだり、文庫本など小さいサイズの本は、iPhoneに入れて読んでいます。

iPadでpdfファイルを読むときは、i文庫HDを使っています。
【i文庫HD】
(iTunes store内ページへ)


iTunesのアプリケーション画面下部「ファイル共有」を使えば、i文庫の中に入れたいファイルを簡単にドラッグで追加できるので簡単。あとは、iPad側でアプリを開き、どの棚にどの本を入れたいかを設定していきます。
本ごとに右開き・左開きのどちらかを選べるし、捲るアニメーションや裏写りまで表現!文句のつけようがありません。(iBookではいまのところ、日本の小説の向きの開きかたはできません。)

=====

さてどれをスキャンしようか、と本棚の前に立つとき、今までとは違う基準で本の背表紙を睨んでいます。

今まではもちろん「どれを読もうかな」

そしてスキャンし始めてからは、続きを読む

akikoyanagawa at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote