手帳・生活管理

2016年09月24日

GET TO WORK BOOKで週間プランニング

2017年の確定予定が入ったので、用意をはじめました。
6月に買ってあった、モレスキンのマンスリーラージ。

160830_212115_PEN52766


谷山浩子様のデビュー45周年コンサート、そして、私にとっては新ジャンルの公演の楽屋撮影。
楽しみ楽しみ。

今年も来年も、手帳のラインナップは変わりませんが、
【2017年も手帳はモレスキン】(2016.5.26)

7月からGet to Work Bookを使い始めています。

今回はその、Get to Work Bookについて。
海外のスクラップブッカーさんがこぞって使っているので気になり、7月始まりを購入して、見よう見まねで使い始めました。

大型のマンスリー&見開き一週間バーチカルの手帳です。
メモや、プロジェクトシートと毎月の目標見直しページ付き。
土日含め、すべて白黒で印刷されているので、スタンプを押したり彩色する邪魔をしないのも、好ましく思ったポイントでした。
開封したときの記事はこちら。
【バーチカルプランナーGET TO WORK BOOK】(2016.5.6)

スパイラルリングで閉じているタイプは表紙違いの2種類(ブックボードとチップボード)、閉じていないリフィル式もあります。
私は黒い表紙(ブックボード)の閉じているタイプを選びました。

160506_225344_IMG_2318


最初の数週間は、なんとなく決まっている予定を書き込んでいたのですが、段々自分に合ったルールや、他の手帳との使い分けがきっちり決まってきて、使いやすくなってきました。続きを読む

akikoyanagawa at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年05月26日

2017年も手帳はモレスキン

モレスキンの2017年のプランナーを入手!
いまの使い方が気に入っているので、来年も今年と同じ布陣で行きます。
blog_20160525-PEN51954


(ゆるゆるっと、一週間を俯瞰するのに、Get to Work Bookも試しつつ。)
【バーチカルプランナーGET TO WORK BOOK】

2017年1月始まり、12ヶ月分のマンスリーと、星の王子さまデイリー。
双方ともラージサイズです。
blog_20160525-PEN51955


どちらも中身は、今使っているものと違わない(たぶん)ので、中身の詳細写真は、去年でご確認を〜。
【2016年の手帳、決めました】(2015.8.23)

表紙はクロス張り、色はほのかに黄緑色。
blog_20160525-PEN51951


オマケは厚紙の栞と、帯裏には切り取って使えるマスコット(で合っているのかな)。
blog_20160525-PEN51950


blog_20160525-PEN51952


中身も含めて主張が控えめで、とても使いやすいです。
blog_20160525-PEN51953


水彩絵の具を使うとごわごわになったり、スタンプがあっさり裏抜けしちゃったりしますが、それも「味が出てきた」と感じ、とても愛しいです。

最近の使い方はこんな感じ。続きを読む

akikoyanagawa at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年05月19日

ハンコ好きにぴったり クリアスタンプ

中学生のころからハンコが好き。
G.C.INCの手帳ハンコから始まり、ガム&リコも集めに集めて…

PEN51406

【集めるほどに欲しくなる、ハンコ】(2014.11.9)

ようやく辿り着きました。クリアスタンプ。
ハンコ好きの私にとっては夢のような、未踏の世界が果てしなく広がっていまいた。
ああ、なぜ今まで知らなかったんだろう!

要は、見慣れたハンコの、柄がないものです。
ゴムのようなぐにゃぐにゃした素材で作ってあり、使う盤面を都度選んで、アクリルブロックなどに貼り付けて、
IMG_1133


インクを付けて、
IMG_1135


捺印します。
IMG_1137


捺印面だけしかないので、たくさんの量を小さなスペースに収納できます。
IMG_1542


PEN51405

そのため、一つのモチーフのみではなく、テーマに沿ったハンコがシートにたくさん入った状態で売られていることが多いのです。値段は1シートだいたい500円〜2000円くらい。

たとえば「ジャングル」とか、続きを読む

akikoyanagawa at 00:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年05月06日

バーチカルプランナーGET TO WORK BOOK

主にアメリカのPlannerの使い方が可愛らしくて、最近しょっちゅうYoutubeで自慢動画を見ているのですが、その中でも人気の投稿主さんたちが使っているのを、ちょいちょい見かけるGET TO WORK BOOK。






2015年の春に、Elise Blaha Cripeさんが製作したスケジュールノートです。
【GET TO WORK BOOK】

公式のガイドビデオはこちら。


私が知った時には、既に2016年1月スタート分は完売だったので、先月末に発売になった、2016年7月スタートのものを買ってみました。
160506_225432_IMG_2320


罫線やガイドラインは、続きを読む

akikoyanagawa at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年03月18日

モレスキン x スクラップブッキング

お気に入りの写真をデコレーションする、スクラップブッキング。
1980年にアメリカで生まれた趣味のジャンルです。

このスクラップブッキング用の素材で、手帳も楽しく出来ることを知りました。
youtubeを覗くと、自分の手帳のデコレーションっぷりを紹介しているビデオが、出てくる出てくる!
片っ端から見て、良さそうなグッズ・方法をただいま、大量吸収&収集中です。

この人のビデオがお気に入り。
LAに住む、ほぼ日手帳を使っている方のビデオです。
手帳を書くことも楽しんでいるし、手帳を中心にした生活も満喫している様子が伝わってきます。
編集も上手だなあ。



この方のもキレイで何度も見てしまいました。



ビデオを見て、手帳のマス用の小さなスタンプやシールだけじゃなく、好きなことを書いたり、どんどん飾ってもいいのか〜!と思ったら、毎日の写真を貼ったり、美味しかったお店のショップカードを貼っているだけでは気がすまなくなり、うずうず。
スクラップブッキングのグッズの知識はゼロでしたが、素敵な手帳を作っているみなさんのビデオを元に、メーカーや売っているお店を調べ、だいたいどんなメーカーが自分の好みなのか、理解するところまで辿り着きました。

デザイナーさんだと、Heidi Swappさん、Amy Tangerineさんの色や絵柄。
Tim Holtzのざっくりした雰囲気も楽しい。

----------

日本だと、身近なお店で買えるスクラップブッキング用キットは、多くはありません。
東急ハンズやLOFT、ITO-YAなど、大型量販店で見かけることもありますが(東急ハンズ渋谷店にはダイカットマシンSIzzixと型は割とたくさんありました。)、色紙や結婚式のアルバム、子どもの運動会など、ちょっと特別な日用のキットがほとんど。
私の好きなデザインナーさんやメーカーの商品を手に取るのは難しいようです。

日常を飾る、バリエーション豊富なキットは、主にアメリカ製が多いようで、そういったものは、ネットショップか一部の専門の店舗に行くと手に入ります。
ネットショップだと「Crop Party」が情報も多く、新商品も手に入りやすいのではないかなあ。
【Crop Party】
毎週金曜日に入荷があります。ただし、発売開始の21時を少しでも過ぎると、人気の商品はほぼ売り切れてしまいます。

輸入商品を扱う東京近郊の実店舗では例えば、雑司が谷の「Memory Place」。行ってきました。
スクラップブッキングの専門店なので、本来の用途である12 x 12インチの台紙や、キットも多くそろっています。見て触って、一つから買えるのは便利。ネットショップからもいろいろ購入ができます。

渋谷の「Wrapple」。
包装グッズ屋さんなのですが、スクラップブッキングでよく見かけるサイズのペーパーや、様々なパンチなども手に取って買うことができます。
【Wrapple】

と、まずは身近なところでまずは探してみたのですが、上記のビデオをいろいろ見てしまうと、続きを読む

akikoyanagawa at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年01月30日

手元で振り返るfacebook

facebookで投稿した内容を製本してくれるサービス・ハピログを使って、過去のタイムラインをまとめてみました。
【ハピログ】

会員登録をして、自分のfacebookと連携させ、あとはなにを本にするかを選び、注文!です。

160131_140940_MK3_9773


手帳にいろいろメモも残していますが、日々の些細なことや、友だちとのやりとりが残っているfacebookのタイムラインは、より細かく毎日のようすを振り返ることができる場所。
160131_141118_MK3_9775


160131_152244_MK3_9780


最後に写真だけのページもあります。
160131_141225_MK3_9776


面白いのは、タイムラインだけではなく、続きを読む

akikoyanagawa at 23:08|PermalinkComments(3)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2016年01月28日

Moleskine Daily 使い心地にうっとり

家置き用の手帳を、ほぼ日カズンからMoleskine Daily(Large)に2016年から変更。
できるだけ気負わず、気がついたときに書いています。

160128_014601_IMG_0747-2


変更した理由として、Moleskineのページの色が単色で主張が弱いことや、構成がシンプルなことを以前挙げたのですが、これが思った以上に良く影響しています。
この辺の詳しい話は過去の記事で…
【2016年の手帳、決めました】(2015.8.23)
【【手帳総見直し!(3)】ライフログに挑戦/ほぼ日カズン】(2014.4.27)

補助線がないので、続きを読む

akikoyanagawa at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2015年12月12日

(レポート)モレスキン・ワークショップ「旅人の地図をつくる」

トークイベント「あなたの人生の物語を創る手帳」を聞き、

(目次)
(レポート)トークイベント「あなたの人生の物語を創る手帳」
☆(レポート)モレスキン・ワークショップ「旅人の地図をつくる」←イマココ


自分のモレスキンでももっといろいろ試したい!と気分が盛り上がったところで、ワークショップ「旅人の地図をつくる」に参加しました。

----------
トークショー後、一旦退出したブースに戻ってみると、ハンコが机に所狭しと並んでいて、一気に気分が高まります。
PEN50597


ワークショップ、スタート。
ハンコはとりあえず置いておいて、前半は高谷宏記さんに、「トルコ折り(Turkish Map Fold)」を習いました。
トークイベントでも触れられていましたが、NYCのバーでたまたま教わり、メモしたページが元になっています。
そのとき酔っ払っていたので、高谷さんにはほとんど記憶がなく、メモされた内容だけをもとに復元するのにちょっと苦労されたそうです。

モレスキンのポケットサイズに、この折り方を施した地図を貼り付けると、ものすごく便利とのこと。
ガイドラインが引かれた紙を手にして、ワンステップずつ教わります。

PEN50602


折り目をつけて…

PEN50603


教わったとおりにつくるとこんな形。

PEN50606


これがどう便利かというと、続きを読む

akikoyanagawa at 19:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote