オーケストラに寄り添うピアノ〜ラン・ラン

2018年11月25日

旧・博物館動物園駅、覗いてきました

上野公園脇の、旧博物館動物園駅が、2019年2月まで一般公開されています。
1933年開業の京成電鉄の駅ですが、利用者減少により2004年に廃止となりました。
稼働していた時期に行くこともできたのに、存在を知らなかったなあ…。

181125_161857_MK3_9178

2018年4月に歴史的価値のある建物として認められたこともあり、京成電鉄が改修工事と補修・清掃を行った上、東京芸大との連携協定を結び、同学美術学部長の日比野克彦さん旗振りのUENOYESというプロジェクトの一環として、公開することになったとのこと。
そのため、駅舎をただ見るという趣旨ではなく、インスタレーションの展示スペースとしての公開となっています。

来年2月まで、金土日の11時〜16時に入ることができます。(最終入場15時半・年末にお休みあり)



今現在は一日の入場人数が限定されていて、整理券が必要とのこと。
きょう友人と4人で来訪、前日からtwitterで様子を調べて、9時半に列に並びました。

博物館動物園駅の近くまで行くと、

通り挟んで向かい・公園側に青いバルーンを持った係の人がいるので、その最後尾に並びます。



整理券は10時から配布、開放は11時からスタート。整理券は30分ごとの入場時間指定チケットです。
私たちは12時半からの券をもらったので、近くでお茶をしてから向かいました。

181125_100728_IMG_7403

181125_100741_IMG_7405

181125_101006_IMG_7409

入れるのは階段の踊り場まで。ホームはガラス越しに覗くだけ。
アートイベントの会場として開放している恰好なので、入り口にウサギがいたり、パンダのファンファンの頭骨とか、それにちなんだ展示が並んでいて、なんとも不思議な空間になっています。

181125_123257_MK3_8964

181125_123333_MK3_8965

(入り口でもらえる記念入場券は、ちゃんとしるしも入れてもらえますので、忘れずに!)
181125_123953_MK3_8989

踊り場から下は、ガラス越しに覗けて、
181125_124447_MK3_8999

ガラスには落書きもできます。
181125_124352_MK3_8993

ガラスの奥は、暗さも手伝ってなんとも魅力的。
181125_124413_MK3_8995

181125_124651_MK3_9014

古い駅舎を隅から隅まで見られる!というわけではありません。
見られる範囲も狭いので、あれ、これだけ?という印象もあるかも。

でも、展示物があるので、子どもでも気楽に連れていけるようにも思います。近くには国際子ども図書館もありますし、そちらと併せてお出かけの予定に入れるのもアリかも。
※未就学児はチケットは要らないそうです。
【国際子ども図書館】

今日は11時には夕方までのチケットが無くなっていたそうで、もし行かれる場合は直近の人気度合いを、事前にtwtter等でチェックすることをおすすめします。

とはいえ、2月まで時間はあるので、今後だんだんと落ち着いてくる、かも?
また、事前予約でガイドツアーも行われているので、こちらに申し込んでいれば、駅内を見ることはできそうですね。
【UENOYES公式サイト内「イベント」ページの「触れる鑑賞ツアー」に予約方法など詳細アリ】

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
オーケストラに寄り添うピアノ〜ラン・ラン