2016年05月06日

バーチカルプランナーGET TO WORK BOOK

主にアメリカのPlannerの使い方が可愛らしくて、最近しょっちゅうYoutubeで自慢動画を見ているのですが、その中でも人気の投稿主さんたちが使っているのを、ちょいちょい見かけるGET TO WORK BOOK。






2015年の春に、Elise Blaha Cripeさんが製作したスケジュールノートです。
【GET TO WORK BOOK】

公式のガイドビデオはこちら。


私が知った時には、既に2016年1月スタート分は完売だったので、先月末に発売になった、2016年7月スタートのものを買ってみました。
160506_225432_IMG_2320


罫線やガイドラインは、

私の好きな控えめグレイ。
小さい商売をしている人向けに作られたものですが、シンプルで紙がしっかりしていて、普通に生活している人でも応用が利きそうです。

(※写真内の「TODAY」しおりは別売です。)
マンスリーと、
160509_001008_IMG_2351


見開き一週間バーチカル、で1年分。
160509_000957_IMG_2350


ひと月ごとの間には、目標をまとめるページと、
160509_001025_IMG_2352


プロジェクト単位でTODOを管理できるノートが挟まっています。
160509_001049_IMG_2354


このTODOノートだけを集めたシートも売っていて、これまた便利そう。一緒に購入。
160506_224848_IMG_2315


仕事ではモレスキンのX-LARGE見開き一週間を使っていて、どんどん書き込める体裁が気に入っているので、仕事ノートをこれに差し替えるのは考えていないのですが、プロジェクトシートは使ってみようと思っています。

週初めに、一週間の予定を確認する家置き自作リフィルを使っているのですが、今回のノートはこれの代わりにする予定です。

取っておくノートは増やしたくないので、今使っている自作リフィルは使用後はスキャンして捨てていますが、ノートに切り替えたら、使用後バラしてスキャン…になるのかな。
サイトではノートにした物以外に、閉じていないリフィル状態のものもあり、後で捨てるという使い方なら、次はそちらを選ぶのもいいかもしれません。

あれこれ使い方を考えてみます。

akikoyanagawa at 00:44 │Comments(0)TrackBack(0)

mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

手帳・生活管理 

トラックバックURL

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
URL
 
  絵文字