2016年02月27日

1D Xに触ってきた!CP+2016

カメラ関連の製品展示会、CP+に行ってきました!
ライブなどを頼まれて撮っている、カメラとの距離感が同じ友人と。堪能しました。

IMG_1179

私はこないだ発表になったCanonの1DX、友人はPENTAXの4月発売フルサイズ機K-1が目当て。会場はごついカメラを下げた人だらけ、男性が目立ちました。

Olympusブースで、レンズだけのカメラ・Airを使って、Pepperと自撮り写真を撮ろう!というコーナーに並んだのですが、私がシャッターを切ってもらった瞬間に、Pepperが連続駆動によるクールダウンのため、シャットアウト…私の顔を撮った途端に、強制終了!残念。

IMG_1155

気を取り直して、目的のCanonの巨大ブースへ。

MK3_9872

10分ほど並んで、1DXに無事触ることが出来ました。
1DXは連写を得意とするカメラなので、お試しコーナーの被写体は体操の選手。
バク転したり新体操の小物をくるくる動かしたり、素早い動きを目の前で見せてくれます。それをこちらは1DXで撮ってみるという内容です。

(これは待っている間に5D Mark IIIで撮ったもの)
MK3_9867

MK3_9877


さて、私の番です。
MK3_9881


私が並んでいた列の担当は、

ベテランらしい年配の男性。
私が持っているカメラのレンズを見て、あ、同じものに付け替えますね、と、私が何も言わずともすぐにレンズ交換してくれました。さ、さすが!
IMG_1176


ボディはさすがに重たいのですが、連写したときの1枚1枚のピントの正確さがすごかった。
連写のとき、次のシャッターを切るまでの間に、ピントを合わせ直す速度が格段に早くなっているそうです。これはスポーツやダンスに向いていますね。

ISO感度を上げた時の画質も良くなっていて、暗さを気にせず撮れるというのも良さそう(尤もこれは、同じ時期に出る他のカメラでも同様の進化をしているようですが)。
ただ、担当の人の話の仕方を聞いていると、基本画質は5D Mark IIIのほうが上の様子。「1DXは、その差を補ういろいろな工夫がされている」という感じでした。

なので、動きの早いものを確実に狙いたい場合のカメラということですね。とりあえず、今の私には必要ない!と割り切ることができました。そりゃ欲しいけど、宝の持ち腐れになっちゃうからなあ。

= = = = =

小物も、いろいろ手に取ることが出来ました。

私も友人も、割と大きなカメラとレンズを複数持って歩くので、丈夫で機能的なバッグが必要なのですが、そういうバッグは地味なものが多い。
マンフロットは割と色味が明るくて素敵。

MK3_9861


一台持ちの時はこれ、便利かもしれない…と以前から目をつけているバッグにも、自分のカメラを入れて試すことが出来ました。

IMG_1168


あと、大阪芸大などとコラボして、試験的に作られているバッグが良かった。
これ、製品化しないかな。

IMG_1159


IMG_1160


重宝しているThink Tank Proのコーナーでは、カメラキャリアが使いやすい!と担当の人に伝えられて大満足。ステッカーも貰っちゃいましたよ。
ちなみにこのキャリア、車輪や取手をカスタマイズできるという情報をもらいました。早速アメリカのショップで注文完了です。

IMG_1172


気になる高級なホットシューカバー(展示のみ、残念!)や、ストラップにもなるカメラカバーなどなど、面白いものもたくさん。

MK3_9853

本体と合わせて、どっぷりカメラに触れられるイベントでした。楽しかった!

トラックバックURL

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
URL
 
  絵文字