1D Xに触ってきた!CP+2016モレスキン x スクラップブッキング

2016年03月13日

柔術新聞杯

ブラジリアン柔術(グレイシー柔術)の試合を撮って来ました。




友だちが主催で、ぜひ!と声をかけてくれたのでした。どんどん宣伝して!とも仰せつかりましたので、堂々とこちらで。

20160313-MK3_0114


ブラジリアン柔術は、ブラジルに移民した柔道家が、プロレスラーなどと闘いながら習得して、段々に整えていったものだそう。
源流が柔道なので道着を着る(少し薄め)し、帯も黒帯が最強。ルールは柔道とは結構違って中断されることが少ないので、初見だと撮りどころが難しかった…!勉強必要ですなあ。

それでも4時間撮っているうちに段々コツがわかってきて、いろいろな表情を切り取ることが出来ました。
















相手の隙を見透かそうとする眼差しや、勝利を喜ぶ拳、悔しさに噛みしめる唇。
そして素人目にも、黒帯の選手の動きは洗練されていて、

下の階級の試合とはまるで違うことがよく分かりました。
無駄なく鍛えられた肉体と、練習を重ねたがゆえの素早さに、自信を感じます。










































武術の大会を覗くのは2度目ですが、いやはや、人生知らないことだらけですね。

その知らない世界に、どんどん足を踏み入れるきっかけをくれるのが、わたしにとってはカメラなのかもしれません。

次からはsRAWにしよう、というのが、今回の反省点です…カードが足りない足りない!

トラックバックURL

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
1D Xに触ってきた!CP+2016モレスキン x スクラップブッキング