手元で振り返るfacebookMIKA Japan Tour 2016

2016年02月09日

カメラが本当に映し出すもの

カメラは、
目の前の被写体がどういうものかよりも、
撮る側がその被写体をどう理解してるか、
をはっきり映し出す、という実験。
Canon Austrariaのビデオです。



1人の人を6人のカメラマンがそれぞれ撮影。
漁師です、億万長者です、アルコール依存性です…と被写体がどういう人か、を嘘ついて伝え、撮られた写真を見てみると…全然違うんですね〜。
以前、尊敬するカメラマンさんが、子供の写真は、育てている周りの人以上にいいものは絶対撮れない、と話していたのを思い出しました。

トラックバックURL

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
手元で振り返るfacebookMIKA Japan Tour 2016