東京湾華火20152016年の手帳、決めました

2015年08月14日

7・5・3歳とミュージカル『アラジン』

夏休みに、7・5・3歳の甥っ子たちと劇団四季『アラジン』を観に行きました。



私は既に『アラジン』は何度か観ているので今回は舞台自体の感想ではなく、子どもたちと『アラジン』を観に行ったことについて、メモしておこうと思います。
作品自体の感想はこちらで。
【劇団四季『アラジン』@電通四季劇場 [海]】

IMG_8260


劇団四季の専用劇場での公演は、3歳以上の子が、1席1人で座る場合は有料になります。
3歳未満はひざ上観劇は可能。ただし、騒いだりした場合は係の人が吹っ飛んできて、ガラス越しに舞台を観る親子観劇室か、ロビーでモニター観劇するよう言われます。
自分判断で座席を立つこともできるので、例えば途中で子どもが寝てしまったら、その後観劇室に退避というのもアリですね。
この辺は係りの人が適切に判断してくれるので、これ以上座席で観るのが無理そうだなと思ったら、早目に係りの人のところまで、頭を低くしてさっと移動しちゃうのが良いかと思います。
ちなみに一度、劇中に子どもを連れてトイレに立ったら、足元をペンライトで照らしつつ退場→トイレまで案内→トイレが終わるのを待って、良いタイミングで入場→席まで足元を照らして案内、とこれまた丁寧に案内してくれて、ヒヤヒヤすることなく安心して席まで戻れました。あれは有難かったな。

1.チケットを子ども料金で取る
演目によってはファミリーゾーンがあり、そのゾーン内の席であれば、子供料金として少し安い値段でチケットを買うことができます。(大人料金でも良ければ、もちろん普通の席に子どもも座れます。)
大抵一階の後方とサイドの数列。金額的に助かるだけではなく、そのゾーンであれば同じように子どもが集まっている可能性が高いため、周りに迷惑になりにくいかも、と気が楽です。
今回は3月の『アラジン』チケット発売日に、ファミリーゾーンの中では一番前の、通路側の席(トイレと言われた時に出やすい)を押さえました。

2.作品情報の入れ込み
チケットを取ったら毎回やっているのが、子どもたちに、観せる演目の情報をしっかり入れこむこと。
DVDが出ている作品ならそれを見せ、原作がある場合はそちらを。今回の『アラジン』では、ディズニーのアニメーション映画を見せて、開幕後の特集ドキュメンタリーを見せて、日本語版のCDを聞かせていました。
大人でもそうですが、折角なら曲やキャラクターなど、内容を少し知っていたほうが楽しだろうなと思い、できるだけ作品に馴染みがある状態にしています。


3.観劇当日
さて当日。
劇場に子どもを連れて行くと、チケットチェックの際に子どもには子ども向けの観劇案内冊子を渡され、椅子の上に置くシートクッションがありますよと誘導してもらえます。クッションはクロークにあるので、並んで受け取ります。

座席に行きクッションを設置していると、劇場係のスタッフさんが「高さを見ますね」と調度良い高さに調整してくれたりもします。トイレを済ませ、靴を脱がせてから、椅子に座らせて待機。
大きな声で一緒に歌うのはダメよ、とか、トイレのときはそっと教えてね、と、注意点を再確認。今回3歳の姪っ子には、騒ぎたくなったら「親子観劇室」があるから、そこに行こうねとも言っておきました。

そして開幕。
結論としては、全員特に騒ぐこともなく、劇中に親子観劇室やトイレに行くこともなく、(途中うとうとしたりはしていましたが)楽しめたようで、おばちゃんはほっとしました。

4.観劇後…
7歳の甥っ子は「Friend Like Me」、5歳の甥っ子は「These Palace Wall」が気に入ったそうです。
3歳姪っ子は、PVや『アラジン』の特集などを見かけると「これ観に行ったね!」と舞台のシーンを覚えている様子。

今まで彼らを、『人間になりたがった猫』『はだかの王様』『リトルマーメイド』『ライオンキング』に連れて行きましたが、どれも楽しんでいたものの、『アラジン』みたいに見終えてからその話をしきりにする作品は初めてです。
お話自体は子どもにはちょっとわかりにくいように思うのですが、華やかで印象に残りやすいのかもしれません。

2ヶ月経った今でもCDは聞いていて、7歳の甥っ子「今度はビビデバビデブーを言えるように練習しているんだ」と言うので、まんまと一年先の『アラジン』チケットを予約してしまいました…。
今度は同じファミリーゾーンでも、サイドのA席を、2つずつ3列、大人x子どもが3列に並ぶ変則的な格好で。見切れる部分があっても、前方で見られると新鮮かもしれない、と期待しつつ。A席なので大人も子どもも、さらにもうちょっと安いのも助かります。

小さい子どもと一緒に作品を楽しめるのは、大人だけで観るのとはまた違ってなかなか興味深く、発見もたくさん。
ほかにもチャンスがあったら、いろいろな作品を、一緒に観たいなと思っています。

(オマケ)
休憩中のトイレはどうしても混むので、再入場券を貰って一度劇場外に出て、近場で済ませたほうが良い場合も。
今回の『アラジン』は汐留の海劇場での公演、複合施設カレッタ汐留内という立地。
3歳児をトイレの列に並ばせて、待つのはちょーっと大人がキツかったので劇場を出て、カレッタ汐留2階の、入り口から遠いトイレに向かったところ、人は多くなくすぐに入ることができました。
観劇前に余裕が有るようなら、劇場外の近くのトイレをチェックしておくのをオススメします。ただし休憩時間内に戻れるようにだけ、気をつけてくださいね。
IMG_8261

akikoyanagawa at 23:23 │Comments(0)

劇団四季 

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
東京湾華火20152016年の手帳、決めました