2016年の手帳、決めました「究極超人あ〜る」雑誌付録カレンダーを求めて

2015年08月29日

ポラロイド携帯プリンタ ZIP

Polaroid社のZIP。Bluetoothでデータを送る、携帯用プリンタです。
ポラロイド写真と一緒で、インクが要らず、専用の紙を使うことで色を出すことができます。

富士フィルムのスマホdeチェキ instaxも持っているのですが、裏面シール紙なことと、全面プリント可能ということが気になっていました。

アメリカでは2015年4月に発売、日本のポラロイド社サイトにも、日本版発売予定!的なビジュアルが出ていたのですが、待てど暮らせど開始されず、そのまましれっとサイトからも画像が消えました…。
【ポラロイドジャパン】

うわー日本では手に入らないのか…と、諦めかけていたところへ、日本のAmazonでアメリカで売られているものを見つけ歓喜。
しかもアメリカで$130くらいなのに、amazon.co.jpで12,000円でした。安い!ということで購入です。
(※現在値上がりして15,000円。)

本体はコンパクト。instaxよりも一回り小さく、片手で楽につかめるサイズです。
付属品は充電ケーブルと簡単な説明書、10枚入りの専用用紙1袋。
150829_000011_PEN52761


USBケーブルで充電し、
150829_001942_PEN52762


ZIPの電源を入れます。
スマートフォン側でBluetooth設定を見ると、ZIPがリストに上がってくるのでそれを選択、設定はこれで完了です。

フタをスライドさせて開き、
150829_002059_PEN52763


専用用紙を10枚入れ、
150829_002239_PEN52764

150829_002401_PEN52765


アプリで好きなサイズに拡大、位置を決めて、ボタンを押すと…
150829_003830_PEN52770


出てきた!
150829_003948_PEN52773


instaxや、手持ちのEPSONプリンターでの印刷と比較してみました。


印刷した写真データはこれ。
葛西臨海水族園のペンギンに夢中な姪っ子写真。
150815_120037_PEN52634


150829_010157_PEN52777

上から
スマホdeチェキ instax
Polaroid ZIP
一番手前はカード用紙にエプソンのプリンタA820で印刷したもの。

150829_010406_PEN52781

instaxは、敢えてぼんやりポラロイド風にぼかしていて、色は明るめ。雰囲気を表現するには向いています。

一方ZIPは、かなりくっきり出力できるものの、色の解釈が独特。全体にかなり暗いです。印刷前に、別の写真アプリ等で明るくしておいたほうがよさそう。
(専用アプリの補正機能は使いにくかった。)

エプソンのプリンタでの印刷はさすがに、色の再現力が忠実で違和感なく、線の表現も繊細です。
色も含め違和感なく綺麗に出したい場合は、やはりエプソンのプリンタを使って、シール紙やカード用紙に印刷するのが正解かもしれません。

----------

そもそも、Polaroid ZIPを欲しいと思ったのは、この本を読んだからでした。




旅行や、お出かけをしたときに、ノートに効率よくいろんなことをメモして、情報をストックしていこう、という素敵な本。
真似して今年から試してみているのですが、出先では慌ただしくて帰宅後にまとめることが多く、そうなるとやることも膨大で、なかなか進まないというのが正直なところです。
150905_155048_PEN52865


著者の奥野さん曰く、後に仕事を残さないよう、できるだけ現地で情報をまとめてしまったほうがいい、とのこと。
チラシやパンフレットには行った場所をその場でマークし、必要な情報は当日のうちに貼り付け、写真も帰宅後に選別して印刷すると時間がかかるので、出来るだけ携帯プリンタで出先で印刷できたほうがいい。
写真に関しては特にそうしようと思ったのですが、スマホdeチェキ instaxは印画紙が分厚いので貼り付けるには向いていない。
Polaroid ZIPなら、裏面がシール紙だし薄いし、その役を担ってくれるかも?と期待して、欲しいと思ったのでした。
150829_100903_PEN52793


Polaroid ZIPは、確かに薄くてシール紙なので扱いやすい。
でも印刷が暗いのと、用紙代も一般的なシール紙に比べると結構かかるため、全部の写真をこれで印刷するのは現実的ではない、というのがテストしてみた感想です。

とはいえ、ボディが軽いし、印刷するまでの手間も少なく気楽なので、印象的な写真のみ選んで出先で印刷というのは有りかも、と思っています。
来月数日遠くに出かけるので、早速使ってみようかな。




30枚入りの印画紙。



50枚入りの印画紙。






----------
購入前に参考にした記事:
→【Top three instant printers, compared / cnet】(2015/3/4)

ビデオで紹介している人もたくさんいて、アプリの使用感や、印刷されるまでの時間もわかりとても助かりました。

Polaroid Zip Instant Printer. iPhone 6 Plus.(2015/05/30)


REVIEW: Polaroid Zip Instant Printer(2015/07/24)


----------
(追記2016.6.22)
アクセスが増えているので見てみたら、日本ポラロイドからも発売になっていましたね!
ただお値段は20,000円超え…マニュアルとか日本語訳して入れているのかな。

軽くて、充電も早く、ストレス無く使えています。
印刷の質的に、家ではプリンター + 写真シールを使い、旅行時のみこちら使用。

----------
追記2016.9.23
さらに、カメラレンズもついたやつが発売になった!





トラックバックURL

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
2016年の手帳、決めました「究極超人あ〜る」雑誌付録カレンダーを求めて