【手帳総見直し!(3)】ライフログに挑戦/ほぼ日カズンMoleskine x ALL RIGHT PRINTING『LETTER PRESS』活版名入れワークショップ

2014年04月28日

【手帳総見直し!(4)】MOLESKINEに“自分辞書”

自分に合った手帳や使い方とは?と、総見直しをすることにしました。



持ち歩き用:スケジュール管理は、MOLESKINEのMonthlyと時計式Todo付箋、iPhoneのカレンダー、
家置き用:行動を記録する(ライフログノート)ほぼ日手帳カズン。

----------
◎主軸は以上ですが、もうひとつ、今回新しくノートを持ち歩くようになりました。

PEN50893



MOLESKINEのポケットサイズ、ハードカバー。




※写真に写っているのはこの限定版。中身のノート部分は通常のものと一緒。映画を観て記念に買いました。



出先でちょっと腰を降ろした時に、走り書きではなく、感じたことやしっかりまとめてメモしておきたいことを書き出しています。

PEN50821

昼間にFacebookで誰かが話題に出していたPVのことや、ニュースで見かけた時事ネタ(あとから疑問点を調べて書き足したり)、ふと思い出した映画のセリフ、テレビで見かけたレシピ(つくったら後から感想を追記)。最近は、関連する画像も貼るようになりました。(面白い記事に添えてあった写真とか)
ほぼ日カズンがライフログなら、こちらは自分の興味フィルターを通った情報をまとめた、自分辞書といったところでしょうか。

PEN50896


PEN50899


今回、手帳を見直すきっかけになった本のひとつとして最初にも書いたのですが、このMOLESKINEのことだけで構成された本に、ユビキタス・キャプチャーについて触れられていて、面白そうだから真似出来そうな部分だけ取り入れてみよう、と思ったのでした。



ユビキタス・キャプチャーについては、その本の著者のひとりでもある、堀正岳さんの記事が一番わかりやすく詳しいです。
→【「全てを手帳に記録する」、ユビキタス・キャプチャーの実践(Lifehacking.jp)

----------
◎思いついたことをその場で書くと、あとでまとめ直す必要がなくなり、以前よりも多くの情報が残せるようになりました。

ほぼ日手帳オリジナルにまとめて、1日を振り返って、考えていたこと、集めた情報を書くことはしていたのですが、それだとやっぱり時間的にも労力的にもに限界がある。また、たとえ最近乗り換えたほぼ日手帳カズンでも、つらつら書き続けていると、スペースは足りなくなってしまいます。
家にあったMOLESKINEをひとつ開けて、試しに出先で都度都度書き留める、というのをやってみたら、カバーが硬いMOLESKINEノートとの相性も良く、手放せなくなりました。LAMYの万年筆の紙面を滑る感触がまた楽しくて、暇があれば思いついたことを片っ端から書いています。

PEN50898


----------
◎とはいえ、まだはじめて1ヵ月。
ようやく、イラストや過去に書いたこととのリンク付け、タグ付けも徐々に自分ルールができたところです。

PEN50897


索引は、EVERNOTEでつくっています。
日付ごとのノートの下に、概要のみをリストでメモしています。

聞いていたとおり、一週間前の情報ですら詳細は覚えていないもので(書き始めて一週間で、抜け落ちていく情報の多さに愕然としました)、この索引がないといずれは書くだけ書いて役に立てることができなくなってしまいそう。EVERNOTEの力を借りて、自分が一度印象的だと思ったこと、欲しいと思ったもの、忘れたくないことを、うまく先々に活かしていけたらと思っています。

今日は昼に、転送速度の早いコンパクトフラッシュカード(RAWで連写で撮りたいけれど今のカードだと追いつかない)をビックカメラでチェックし、値段とメーカーをまとめてメモしてきました。
すぐに買うかは別として、いずれこの情報が必要になる可能性が高いので、そのときにまた店頭に足を運ばずともおおよその額がわかれば(そしてこのページにEVERNOTEで検索してすぐにたどりつければ)、ストレスがかなり減るだろうな〜と期待して、みっちり情報をメモしました。

----------
◎これからの課題としては…
ライフログノートのほぼ日カズンと、ユビキタス・キャプチャー用のMOLESKINEの共存。
できごとに紐付いた一言は、カズンに書いていますが、その出来事から派生したことを、MOLESKINEに書いていることももちろんあります。
その場合いまは、カズン側には出来事のみを書き、「→p.55」などとMOLESKINE内とリンクするよう書き加えています。

MOLESKINEは持ち運ぶため、あまりべたべたと貼りものを増やしたくないとも思っていますが、やはり関連した写真や画像が貼られていたほうが目を惹くし、見た目が楽しい。
カズンに貼れるものはできるだけカズンに貼り、どうしてもここに関連付けて貼りたい!という画像のみ、MOLESKINEに貼っていまは対応しています。

PEN50900
(見かけたCMの、気になったシーンをピックアップ。その日起きた出来事とは関係ないので、これはmoleskineには貼付け!これは長く役立ちそう、という情報を、infobookにまとめようかなーと考えてる所です。すっかりモレスキン沼にハマりました…。)

→元はこの動画。vodafoneのCMです。笑いながらほろっときちゃう素敵なCMです。


まだまだ、これから使い方も役割分担も変わってくるような気がします。
ほかの方の記事も参考にさせていただきつつ、あれこれ試行錯誤を楽しみたいと思います。

とりあえず、手帳のお話しは今回はここまで。また変化があれば、記事にしていきますね。

----------
半年後…
【半年経過でどうなった?手帳の使い方】(2014.10.28)

----------
約一年後…
使い終えたノートを、EVERNOTEに取り込んで持ち歩くようになりました。
【“自分辞書”的ノート、丸ごとデジタル化】(2015.3.15)

トラックバックURL

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【手帳総見直し!(3)】ライフログに挑戦/ほぼ日カズンMoleskine x ALL RIGHT PRINTING『LETTER PRESS』活版名入れワークショップ