CALICOのミニボウル、3色谷山浩子 x 大槻ケンヂ(猫森集会2013 Bプログラム)

2013年09月08日

英語圏の人向けBirth Class@東京アメリカンクラブ

従妹ちゃんと一緒に、2日間の英語圏の人向けBirthing Classに参加しました。
東京アメリカンクラブの豪奢なセミナールームにて。
(日本語の両親学級、というより、このBirthing Class=出産学級のほうがしっくりするなあ)

1237049_10151642493756347_529788809_n


先生は、日本人のダンナさんと結婚し、長くご自身も日本の病院で看護師をしてきたAnneさん。
全部で10組程度なので、ディスカッションしたり、質問もみんな気軽にしていました。

初日は自然分娩の流れ。注意すべきこと、あまり気にしなくていいことを丁寧に説明してくれます。
2日目は帝王切開など、自然分娩だとちょっと危険な場合の出産の話。
1235998_10151642493531347_1663956295_n のコピー


妹の出産を二度、間近で見ていたので、おおよその知識はありますが、まだまだ知らないことがたくさん。すごく面白かったです。
帝王切開のちょーリアルなビデオは時々目を逸らしちゃったりもしましたが、具体的にお医者さんが何をしているのかが分かりました。自然分娩ではないときに、どういう選択肢があるか、それはどういうことをするという意味なのか、確かに知っていれば、「どうしますか?」と聞かれても答えやすいですよね。
このクラスに参加している人たちは、

初出産という未知の経験な上、日本語が十分に理解できずに不安、しかも陣痛・出産間近のときにこういった選択をしなくてはいけないわけだし、ナルホド、これは知っていると知らないでは安心感が違うんだろうな、と感じました。
1272152_10151645231931347_1687316638_o


帝王切開などの方法があるのに、なんで母子ともにしんどい思いをして、自然分娩するのか?という質問も。
母体にとって出産過程を経ることで、「出産終了、じゃ次の段階に行きましょー」というサインを送って産後の変化がスムーズになる、これは知っていましたが、赤ちゃんにとっても、狭い産道を通ると、肺がぎゅうっとしぼみ、外に出た時に反動で一気に膨らむので、肺呼吸をしやすくなる、というメリットもあるそうです。
人の体には、いろんな仕組みが完璧に整っているんですねえ。

新生児に見られるいろんな症状について、写真で説明。
心配しなくていいものが大半、処置が必要なものは、どういう処置をするかまで詳しく教えてくれました。
そういうチェックがあるから、出産後数日入院するんだよ、という話も。

最後に、Anne先生からのメッセージ。
赤ちゃんが生まれると、生活やら心構えやら、いろんなことを赤ちゃんに合わせなくちゃ、と思う人が多いけれど、それは違う。
生まれてくるのはあなたたちの赤ちゃん。あなたたちが望むように育てて、とにかく楽しんで!これから20年続いていくことなんだもの。
赤ちゃんを楽しませるんじゃなくて、あなたたちが子どもと一緒の人生を目一杯楽しむこと。そうすれば、赤ちゃんも楽しい人生を歩みます。

妹含め、子どもと一緒にいて楽しそうな友人たちは、確かに自分自身がしっかり楽しんでいます。
きっとAnneさんはこれが伝えたくて、こうして日本人以外の人たちに、Birth Classをしているんだろうなあ〜。

8時間x2、密度の濃い内容ではありつつも(英語の出産関係の単語にもだいぶ詳しくなりました)、朗らかな先生の人柄に、これからのいろんなことが益々待ち遠しくなる、充実した2日間でした。

akikoyanagawa at 16:56 │Comments(0)TrackBack(0)

mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

体のこと | イベント

トラックバックURL

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
CALICOのミニボウル、3色谷山浩子 x 大槻ケンヂ(猫森集会2013 Bプログラム)