鉄板焼き・プロの技駅で突然「ドレミの歌」!

2009年04月02日

『孤島パズル』漫画版

有栖川有栖氏の、学生アリスシリーズ。

第一弾から鈴木 有布子氏が漫画化していて、そのシリーズ第二段である「孤島パズル」が、今年に入ってから1月おきにコミックスが発売になっていました。

こちらが原作の小説で、
孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
有栖川 有栖

東京創元社 1996-08
売り上げランキング : 13255

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こちらがその漫画版。
孤島パズル
有栖川 有栖 (著), 鈴木 有布子 (著) (BLADE COMICS) (コミック)

孤島パズル 1 (1) (BLADE COMICS) 孤島パズル 2 (2) (BLADE COMICS)
孤島パズル 3 (3) (BLADE COMICS)


同じく鈴木さんによる、シリーズ第一弾の、「月光ゲーム」漫画化を読んで、綺麗な絵柄と、原作の雰囲気を大事にした、さっぱりしたつくりがとても気に入りました。

月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)
有栖川 有栖

東京創元社 1994-07
売り上げランキング : 17908

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

月光ゲーム (BLADE COMICS)月光ゲーム (BLADE COMICS)
有栖川 有栖

マッグガーデン 2006-04-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ので今回、第二段「孤島パズル」も購入。
こちらも、期待を裏切らない質と内容でした。

有栖川有栖氏の作品は、推理小説としてのつくりも好きなのですが、そこに繊細な気持ちの動きが感じられるところがいいな、と思います。
ただの「謎解き」としての推理小説、興味本位による殺人事件の解決、ではなくて、それが人と人の間で起きてしまった、悲しい出来事であることを、とても大事にしている作家さんのように感じています。

漫画になっても、その有栖川有栖の大事にしているところ、が、失われずきちんと残っていました。
小説で読んだときよりも、悲しみがより深く伝わってきた部分もあったような気がします。

こうなったら…
第三弾である「双頭の悪魔」もぜひ、彼女に漫画化してほしいな?!!!
双頭の悪魔 (創元推理文庫)双頭の悪魔 (創元推理文庫)
有栖川 有栖

東京創元社 1999-04
売り上げランキング : 24051

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

女王国の城 (創元クライム・クラブ)女王国の城 (創元クライム・クラブ)
有栖川 有栖

東京創元社 2007-09
売り上げランキング : 21879

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



トラックバックURL

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
鉄板焼き・プロの技駅で突然「ドレミの歌」!