矢野顕子トリオ@ブルーノートbeatsの無線のイヤフォン、ついに

2019年08月31日

ラリー・カールトン&リチャード・ボナ@BLUE NOTE TOKYO

聴けてよかったと心から。
ラリー・カールトンのギターを、BLUE NOTE TOKYOで聴いてきました。
BLUE NOTEに20代の頃から通っているというステキお友だちが一緒で、なおいっそう楽しかった。

190830_231206_P8300517


彼がすごいミュージシャンかつギタリストなのは、ジャズにもギターにも疎い私でも知っていたので、ずっと気になっていて。
でもあんまり曲知らないしなあ、と迷っていたら、もう70歳超えている人だし聴いておいたほうが良いと勧められ、でかけたのでした。

待合のロビーではお客さん同士の挨拶があちこちでかわされ、たぶん音楽業界のプロたちが集まっているんだろうな〜と想像しながら眺めていました。

-----
ギターのラリー・カールトンと、リチャード・ボナがベース、サックス、ドラムス、キーボードの5人編成。
全員相当のベテランらしく、自信に満ちたクリアな音が、会場を貫き揺らしていました。最初の曲から観客席も大盛りあがり。

今回は予約が遅かったので、真横からステージを見る席で、ラリー・カールトンの手元はほぼ見えなかったのですが、途中ゲストのみをステージに残す場面で、
ラリーさんたちが目の前の椅子で休憩するという時間が…!
手を伸ばせば届く位置で、世界的ミュージシャンが寛いでいるという、稀有な経験をしてしまいました。ドキドキした〜。

アンコールでは、私でもしっかり知っている#1090~THOUSAND DREAMS(Mステのテーマ曲ですね)、そしてRoom 335を続けて。

始終、バンドメンバーに目線を送り、こどもみたいに無邪気な表情で、楽しそうに演奏しているラリーさんの様子も、見ていてとても楽しかったです。

190830_222629_P8300513

-----
ゲストのベーシスト、リチャード・ボナは「彼はすごいよ」と、ジャズに詳しい人から言われていたのですが、パフォーマンスが素敵すぎて、途中口を開いたまま聴いていた気がします。

とんでもないスピードで弦をはじき、空を散歩するような軽々とした音を奏でたり、楽しそうにドラムと超絶セッション対決してみたり。
さらに歌声は暖かく、日向ぼっこしているみたいな気持ちになる。

彼は一体…!?と帰り道に調べ、カメルーンから今の立ち位置に至るまでを知り(あらゆる業界から求められているミュージシャンであることも)、早速Youtube Musicで全アルバムをシャッフルして聴き込んでいます。



いろんな天才に会えるブルーノート、次は何を聞きに行こうかな。

公式レポートに写真たっぷり。
【LARRY CARLTON with special guest RICHARD BONA@BLUE NOTE TOKYO (8.29 thu.)】(2019.8.29)

2017年の別イベントですが、ラリー・カールトンの演奏が聴けます。


(ブルーノート、ごはんも美味しいのです。)

190830_205911_P8300508

190830_210436_P8300509
akikoyanagawa at 00:54 │Comments(0)

音楽 

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
矢野顕子トリオ@ブルーノートbeatsの無線のイヤフォン、ついに