20年間の愛でぎゅうぎゅう「NARUTO to BORUTO THE LIVE 2019」劇団東京ミルクホール『レッツゴーギャング』@下北沢小劇場B1

2019年10月09日

STING MY SONGS JAPAN TOUR 2019 at 幕張メッセ

先週末の、わくバン出演NARUTO 20周年ライブに続き、再び幕張メッセへ。週に3回も幕張に行くことになるとは!

今回はStingのライブ。
端っこではありましたが、前から2列目という良席で聴いてきました。

191009_215538_IMG_2421

心臓に直接音楽が届く。ああ、ここでこうして聴いていられて幸せだなあ〜とずっと感じていました。

191009_200215_IMG_2385

「Englishman in New York」を会場みんなで歌ったの楽しかったな。

1987年のPV。


今回バージョン。


「Brand New Day」は、シェーン・セイガーのハーモニカが小粋で楽しかった。

「Brand New Day」1999年のPV。


これは去年末にアップロードされている、最近録音の「Brand New Day」。


「So Lonely」は、アルバムで聴いていた、刺すような鋭い声ではなく、丸く深みのある歌声。攻撃的な印象ではないこの曲も良いなあ、と感じました。

「So Lonely」1980年のPV。


「So Lonely」今回バージョン。



セットリスト:
【OCT 9 2019 Sting Setlist:Setlist.fm】

有名な曲を多く使ったセットリストだった、というのもあったけれど、
一緒にステージに立っていたミュージシャンがまた良くて、目で追うのが忙しく、あっという間に終わってしまいました。

バックコーラスのジーン・ノーブル(下写真の男性)、彼の声がStingととても相性が良いのも気持ちよかったけれど、それでいてソロでの全く違う歌い方も素敵でした。

191009_201858_IMG_2392

若いギタリストのルーファス・ミラーも、気になったミュージシャンの一人。
キレの良いギターを弾く彼は、長くStingと一緒に活動しているベテランギタリストさんの息子だそう。そうして少しずつ、違う世代に目に見えないものが受け継がれていくのかもしれないなあ。

若い頃に作った曲を、68歳の今でも歌い続けていて、その1曲1曲に客席が湧く、というのは、長く活動してきたからこそ成し得ること。
Stingが弾いているベースのボディの年季の入りっぷりも、その年月を思わせました。

191009_195121_IMG_2378

191009_204132_IMG_2405

見に行ってよかった!のライブがまたひとつ増えました。

【スティング、昨夜の幕張公演はアンコールを含め全20曲をパフォーマンス!(Universal Music Japan)】
akikoyanagawa at 23:00 │Comments(0)

音楽 

Facebookアカウントでコメントを書く

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
20年間の愛でぎゅうぎゅう「NARUTO to BORUTO THE LIVE 2019」劇団東京ミルクホール『レッツゴーギャング』@下北沢小劇場B1