2019年10月18日

【macOS Catalina】解決:iPhoneがマウントされない!


macOS Catalina(os10.15)から、音楽管理&iPhoneの管理をしていたアプリiTunesがなくなりました。

iPhoneをUSBでMacに繋ぐと、ファインダーに外部デバイスのひとつとして表示され、それをクリックすると管理画面へ。この管理画面は、iTunesでのiPhone管理画面とあまり変わっていないので、特に問題なく触ることができます。

そんなわけで、今まで通り帰宅するとiPhoneをiMacに繋いでバックアップを取るなどしつつ使っていたのですが、数日前から、Finderの外部デバイスリストに表示されなくなりました。

実は何度か、Finder上でアンマウントせずに、そのままiPhoneをUSBポートから引っこ抜いて持ち出していたこともあり(前科多数)、正しく認識されていないんだろうな、とは思っていたのですが、Finderを強制終了しても再起動しても、全く現れる気配はなし。
その割に、iPhone上では「同期しております」というぐるぐる矢印は回っている…

Finderに表示されないと、アンマウントもできないので、やっぱり唐突にPCから取り外す事になってしまい、MacにもiPhoneにも良くないなあ、と気になっていました。

こんな記事を見かけたので、試してみたところ、
続きを読む

akikoyanagawa at 22:38|PermalinkComments(0) iPhone・iPad 

2019年10月13日

劇団東京ミルクホール『レッツゴーギャング』@下北沢小劇場B1


心底バカバカしい展開ながらもカッコ良く、油断してただただ爆笑していたら、

後半には怒涛の伏線回収(あのセリフはそういうこと?!そして役名にも理由があった!)、

黒幕の真意が見え隠れして暴ききれないまま終わるかと思いきや、

最後、想像のはるか上の展開で、観客を現実に引き戻す。
 
最後の展開を処理できないまま劇場を出てから、

そうか、そういうことなら、大爆笑しながらも、ちょっと違和感を感じたあのセリフは、そしてあの歌の歌詞は、


あっ、えっ、
うわーつまりそういう意味?!



と、前半のいろんなシーンの意味が一転になったりもして、ぞっとするところまでが、この劇団の芝居の面白さ。

IMG_2472


毎回期待を裏切らない。
劇団東京ミルクホールの本公演、レッツゴーギャングを観てきました。

昭和7年の日本。続きを読む

akikoyanagawa at 22:00|PermalinkComments(0) その他舞台 

2019年10月09日

STING MY SONGS JAPAN TOUR 2019 at 幕張メッセ


先週末の、わくバン出演NARUTO 20周年ライブに続き、再び幕張メッセへ。週に3回も幕張に行くことになるとは!

今回はStingのライブ。
端っこではありましたが、前から2列目という良席で聴いてきました。

191009_215538_IMG_2421

心臓に直接音楽が届く。ああ、ここでこうして聴いていられて幸せだなあ〜とずっと感じていました。

191009_200215_IMG_2385

「Englishman in New York」を会場みんなで歌ったの楽しかったな。

1987年のPV。


今回バージョン。


「Brand New Day」は、シェーン・セイガーのハーモニカが小粋で楽しかった。

「Brand New Day」1999年のPV。


これは去年末にアップロードされている、最近録音の「Brand New Day」。


「So Lonely」は、アルバムで聴いていた、刺すような鋭い声ではなく、丸く深みのある歌声。攻撃的な印象ではないこの曲も良いなあ、と感じました。

「So Lonely」1980年のPV。


「So Lonely」今回バージョン。



セットリスト:
【OCT 9 2019 Sting Setlist:Setlist.fm】

有名な曲を多く使ったセットリストだった、というのもあったけれど、続きを読む

akikoyanagawa at 23:00|PermalinkComments(0) 音楽 

2019年10月06日

20年間の愛でぎゅうぎゅう「NARUTO to BORUTO THE LIVE 2019」


ナルトとボルトの20周年記念ライブ、「NARUTO to BORUTO THE LIVE 2019」。幕張メッセイベントホールにて。

【イベント公式サイト】


<近く、当日の様子の放送・配信アリ>
11/4(月・祝)19時〜23時、2日間の様子を見られる配信あり。
有料のサービスですが、30日まで無料体験あり。
【『NARUTO to BORUTO THE LIVE 2019』大盛況に終わったライブを「Paravi」「あにてれ」で一日限りの独占見逃し配信決定!!(2019.10.7)】

テレビ東京「アニレコTV」で、10/21(月)深夜に当日の様子が流れるそうです。
アニレコTVはwebで放送後、見逃し配信も1週間見られるのありがたい。東京以外の地域の方もこれあれば見られますものね。

見逃し配信はここで。

https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/anireco/



開催両日行ったのですが、一つの作品のために集結したファンのパワーにただただ圧倒されていました。

ticket


私は実はちょうど世代がかぶっていず、作品自体の内容をうっすらとしか知る程度だったのですが、長く続く作品には、それに値する魅力があることを、頭ではなく体中で感じた2日間。
作者さん1人の頭の中からスタートした物語が、20年の間に関わったスタッフやファンで、少しずつ力を合わせて世界観を固めてきたんだなあーと、とてもあたたかい気持ちになりました。凄い作品だなあ!

NARUTOとBORUTOの声優さん、オープニングやエンディングを歌ったミュージシャン、舞台版の俳優さんが次々登場し、怒涛のパフォーマンス、3時間半はあっという間でした。

1日目と2日目では、出演者が少しずつ違っていたので、前日とは違う内容になっていたり(声優さんで言うと、2日目は水樹奈々さんがいるので、声優さんによる朗読劇の割り振りや展開が変わっていた)、1日目の内容を踏まえての笑いを差し込んでいたりと、台本通りではない、アドリブ展開も見せる余裕のある出演者たちも。

1日だけ参加の人はもちろん、2日間参加した人たちは「より美味しい」内容になっていました。



----------
2日間を通して、やはりいちばん印象的だったのは、作品の魂、大事な部分を担っている、声優さんたちのトーク。
時間も一番長く割かれていた気がします。

主人公NARUTOは、20年続く作品の中で、少年から子どもを持つお父さんに。
声をあてている竹内順子さんは、「少年の声ならまだしも、大人になった男性の声を、女性の私が当てる…どう変化させたら良いのかすごい悩んだ」と言います。
 
声優さんてすごいなあ、と思ったのは、その理由が、「声変わりをした男性の声が難しい」ということだけではなく、「大人の男性って、こういうシチュエーションでどう考えるんだろう?どう表現したら良いのだろう?」と、声に表すために、当人の心情を理解することが難しい、とおっしゃっていたこと。
 
それに対し共演陣は、「表面のことはどうであれ、NARUTO=竹内順子なんだから、どんなキャラクターが出てきても私達が受け止める」と返したのだそう。
 
俳優と違い、姿が出ないぶん、自分の生物的な位置づけとは違うキャラクターを演じがちな声優さん。竹内さんで言うと、ほんとうは女性なのに、男性を演じる、といったふうに。
それをさらに、声だけで表現する難しさ。

以前、知り合いの声優さんの仕事ぶりを間近で見せてもらっていた時期があり、そのプロ意識に衝撃を受けましたが、今回改めて、声優さんに今まで以上の敬意を覚えました。

----------
総合MCはノンスタイル井上さんと、美山加恋さん。
彼らのバランス感の良さ、とても心地よかったです。

言わなくてはいけないことは押さえ、忘れていたらお互いフォローし、ところどころアドリブでツッコミを入れ。レギュラー番組でやりとりをしているからこそ、なのでしょうね。

声優さんのトークでも、適度にからかいながらも敬意を示し、話していない人にうまーく声をかけて、みんなが表にでられるよう、気を配っていらっしゃいました。
 
----------
ミュージシャンが演奏している背後にはスクリーンがあって、続きを読む

akikoyanagawa at 23:00|PermalinkComments(0) 音楽 | 好きな作品たち

2019年09月29日

Apple Watch 4のベルトで楽しむ


Apple Watch 4、使い始めて一年が経ちました。
通知のチェック、天気の確認、自動改札やJALの入場ゲートをタッチして通り…すっかり頼りにする生活になっています。

そもそもはベルトの風合いが気に入り、思い切って買い、とても満足しているのですが、

180922_134856_P9225910

180922_090113_MK3_6118


今年8月。
汗をかきすぎて、さすがに革ベルトをつけ続けるのはマズいと思い、Apple Watchのバンドは、しばらくシリコンに変更しています。

買った時についてきたオレンジのも良いのですが、色がちょっと強い。
(ジョギングのときはこれを使っています。)
180923_063935_IMG_5897

白を見かけたので買ってみました。
アップル純正のシリコンよりも硬いものの、つけた感じは悪くない、です。

私のApple Watch 4は、40mm。
Apple Watch 3の、38mmと同じサイズが使えます。

◎ケイト・スペードの38/40mm。

191006_113016_YK3_5024

190806_090107_P8060087

【店舗P5倍+キャッシュレス5%還元/マラソン期間中】2019 夏の新作 Katespade 公式ストア Apple watch 専用 アップルウォッチ ベルト 交換 バンド ストラップ シリコン 20mm KSS0033
【店舗P5倍+キャッシュレス5%還元/マラソン期間中】2019 夏の新作 Katespade 公式ストア Apple watch 専用 アップルウォッチ ベルト 交換 バンド ストラップ シリコン 20mm KSS0033

このブランドは、シリコンのバンドの色柄が豊富なので、今後も期待です。
【Kate Spade Apple Watchストラップ】

----------
そこから火がついて、ちょいちょいベルトを買い足しました。
Apple Watch 5が出たタイミングで、また扱うお店が増えている印象。

◎Casetifyの都市シリーズ。
デザインは可愛いのですが、ちょっと硬いのと、金具がぺかぺかなのが残念。

190901_132752_P9010530

190901_133438_P9010534

【Pangram Pangram® X CASETiF】

◎zozoで買った、ちょっとラフな感じのレザー。
ちょっと硬いけれど、ジーンズに合うのと、この色味は珍しくて便利。

190930_212843_P9300708

190930_212954_P9300709

----------
ベルトに盤面のデザインを合わせるのも、なかなか楽しい。

でもいろいろ替えてみて、やっぱり一番つけ心地が良いのはHermesの革ベルト。
用途に応じて変えてお気に入りは休ませつつ、長く使っていきたいです。


----------
【Apple Watch 4の指定席】(2018.10.4)

【心躍る時計:Apple Watch 4 Hermès】(2018.9.22)


akikoyanagawa at 22:38|PermalinkComments(0) iPhone・iPad | 身の回りのもの

2019年08月31日

beatsの無線のイヤフォン、ついに


Powerbeats Pro、届きました。
イヤーフック付き、Bluetoothでつなげるイヤフォン。

190831_102640_MK3_0572

190831_102710_MK3_0574

190831_102728_MK3_0575

190831_103032_MK3_0577


とろりとした乳白色がとても良い。

190831_103024_MK3_0576

耳に引っ掛けるフックだけでも安定しますが、ぐいっと耳にねじって押し込み装着するので、落ちる心配はまったくありません。それでいて違和感もなし。
帽子をかぶると、このフックが耳の上でぶつかりますが、許容範囲です。

beatsのイヤフォンは重低音が強く、代々いろいろ使ってきましたが、今回のこのPowerbeatsでもその重さは健在。
わくバンDrive the Worldとか松居慶子さんのアルバムEchoを聴いて、そうそうライブ会場でこんな感じだった!と、体にどしんと響く感覚に喜んでいます。

----------
iPhoneの隣に置くと、勝手にペアリングが始まって、2度ボタンを押せば接続完了。

190831_103934_MK3_0597

リモコン機能は、物理的に出っ張っているボタンなので、指で探りながら押すことができます。
上部のボタンで音量調節、bのロゴがある丸いボタンで再生(1押し)や曲送り(早く2連続押し)。電話を取ったりするのもこのロゴボタン部分です。

190831_103534_MK3_0593

----------
ただし、ケースが大きすぎるのがちょっと不満。

去年買って使っている、別のメーカーの無線イヤフォン・Beoplay E8(白いほう)のケースサイズと比べると、2倍くらい違います。

190831_103229_MK3_0585

190831_103140_MK3_0581

5分充電で1.5時間使用できるそうで、その充電能力を確保するために、このジャンボさは必要なのかもしれないけれど…持ち運ぶのはちょっとしんどいなあ。がんばるけれども。

----------
ちなみにその、今使っているBeoplay E8(白いほう)は、音が軽くてちょっとストレス。

ロゴのついた面をタップして「次の曲にする」とか、長く抑えて「音量を変更する」という操作の仕方も、つい触っちゃうと誤作動が起きたり、判定してもらうのがちょっと難しかったりと、若干難あり。
デザインは良いし、この形状でも落ちる心配は全然ないのは気に入っているのですが…またジョギング専用に戻そうかな。

買ったときの記事:
【真っ白bluetoothイヤフォン“B&O PLAY E8”All White】(2018.3.3)

----------
イヤーピースは、遮音性が高いサイレントピースを使っています。
早速装着。見た目も可愛らしくなるので、気に入っています。

190831_104442_MK3_0617




さあ。
これからまた、いろんな曲を聞くぞう。

akikoyanagawa at 21:04|PermalinkComments(0) 音楽 | iPhone・iPad

ラリー・カールトン&リチャード・ボナ@BLUE NOTE TOKYO


聴けてよかったと心から。
ラリー・カールトンのギターを、BLUE NOTE TOKYOで聴いてきました。
BLUE NOTEに20代の頃から通っているというステキお友だちが一緒で、なおいっそう楽しかった。

190830_231206_P8300517


彼がすごいミュージシャンかつギタリストなのは、ジャズにもギターにも疎い私でも知っていたので、ずっと気になっていて。
でもあんまり曲知らないしなあ、と迷っていたら、もう70歳超えている人だし聴いておいたほうが良いと勧められ、でかけたのでした。

待合のロビーではお客さん同士の挨拶があちこちでかわされ、たぶん音楽業界のプロたちが集まっているんだろうな〜と想像しながら眺めていました。

-----
ギターのラリー・カールトンと、リチャード・ボナがベース、サックス、ドラムス、キーボードの5人編成。
全員相当のベテランらしく、自信に満ちたクリアな音が、会場を貫き揺らしていました。最初の曲から観客席も大盛りあがり。

今回は予約が遅かったので、真横からステージを見る席で、ラリー・カールトンの手元はほぼ見えなかったのですが、途中ゲストのみをステージに残す場面で、続きを読む

akikoyanagawa at 00:54|PermalinkComments(0) 音楽 

2019年08月26日

矢野顕子トリオ@ブルーノート


ブルーノートで矢野顕子トリオ、聴いてきました。
楽しかった〜!!!

190826_200130_P8260490-2


ピアノ(キーボード)矢野顕子、ベース(シンセ)ウィル・リー、ドラムスクリス・パーカーの3人バンド。10年、「誰も欠けることなく、同じメンバーで」続けているbluenote公演なのだそうです。すごい。

矢野さんの思った以上にパワフルな歌声、ウィル・リーさんのスラップのカッコ良さ!
クリス・パーカーさんのキレッキレのドラムスにも痺れたなあ。
それぞれ長く音楽を続けてきているからこその、余裕とオーラ、ブレない音楽性、安心して思い切り楽しめる空間でした。

ベースのウィル・リーさんは、続きを読む

akikoyanagawa at 23:00|PermalinkComments(0) 音楽