2005年02月02日

エビータ

今月の末にチケットを取ってあったのですが、諸処の評判が良いのでどうしても観に行きたくなってしまい、3150円の「上の方ちょっと見切れます」という席を取り、見てきました。四季劇場「秋」にて。
http://www.shiki.gr.jp/navigation/#navi5

ca76d104.jpg
貧しい私生児としてアルゼンチンの田舎で育ったエビータは、アルゼンチンのファーストレディにまで上り詰めた実在の女性。
貴族たち上流の社会からの差別や蔑みを憎み、野心で上り詰めていった彼女は、大統領である夫とともに政治に関わるようになりますが、先を見据えない政策は結局国を貧しくしてゆくこととなります。
それでも労働者たちの熱狂的な支持を受け、若くしてガンで亡くなった後も崇拝されていると言います。

彼女が歩んだ人生の真ん中には悪意があったのではなく、ただ自分の欲望に従って賢明に生きた人だという印象を受けました。
そんな彼女がファーストレディーのポジションにいたことが、正しかったのかどうかは分からないけれど。

エビータ役は井上智恵さん。初挑戦とは思えない堂々とした存在感で、舞台に出てくるたびに目で追ってしまいます。小柄な人ですが、凛としていて体中からエネルギーが溢れ出ています。

そして衣装がものすごくきれい。森英恵さんデザインだそうなのですが、靴、髪飾り、髪型、途中で羽織るケープ、と細かなところまでそのバランスが考えられていて、何度も双眼鏡で覗いてしまいました。舞台の展開、ライティングが衣装とうまく相まって、その場面場面で独特の世界観をつくりだします。

現実には接点はなかったのですが、ナレーター役として舞台を進行させるあるチェ・ゲバラ役に芝清道さん、ペロン大統領役に下村尊則さん。要所要所でしっかりと魅せてくれます。

ただし全編、ほとんどが歌で進むので、集中していないとなんと言ったのか、聞き逃したりすることもあります。
前向きに乗り出して見られるときに観た方が楽しめますね。

オペラ座の怪人の演出家でも知られるアンドリューロイドウェバーの演出作品。「空を行く」はじめ、美しい旋律が頭のなかにまだ残っています。

次は2月末に、ちゃんとした1F席で観に行く予定です。

**** and then..... *****
例によって、もちょっとディープな感想はこちら。
http://www.kt.rim.or.jp/~yana/play/saw05.html#evt

2005年02月01日

ハチ公バス

6f14346c.jpg
まえから気になっていた、渋谷のローカルバス「ハチ公バス」に乗りました。
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/shibuya/com_bus/

小さいけれど中は小綺麗で窓も広い。100円吉祥寺のムーバスとかと同じコンセプトだと思われます。
近道をするというより、ジグザグに町のなかを縫うようにして走るので、渋谷区役所前から恵比寿駅まで、30分ほどかかります。

回数券で乗り降りしている地元ユーザに囲まれて、雲に映る夕日を眺めたりして、待ち合わせに遅刻しているのにのんびりしてしまいました。


***** and then... *****
私は渋谷区役所前(NHK正面玄関からすぐ)で乗りました。バスは渋谷駅まで出て246を上がり、こどもの城で右折、國學院大學横をとおり、恵比寿駅東口に到着。
恵比寿ガーデンプレイスまで行き、代官山を回って渋谷まで引き返すようです。

笹塚を回るコースもあるみたい。こちらも乗ってみたいな。

最近地域のバスが増えていますね。ムーバスはかなり初期にはじまり、あちこちで注目されていたような覚えがあります。

東京駅から出ている無料シャトルもなかなか便利。あのあたり、電車だとちょっと面倒だったりするんです。
http://www.hinomaru.co.jp/metrolink/nihonbashi/index.html

2005年01月28日

断水

3771ac44.jpg
今朝台所で蛇口を捻ってみて、時計をみて、やっと気がつきました。
アパート全体の断水だったようです。
洗濯機を先に回しておいてよかった。全自動の場合、途中で止まってしまうとその後がちょっと面倒なのです。

30分後に再び捻ってみたところ、いつも通り水が出てくれて一安心です。蛇口を捻って「あれ・・・?」という経験は久しぶりだな、と思い、この前はいつだったっけと記憶をたどること15秒。

小学生のころでした。
毎年のように夏、「水不足」と言われていて、プールの時間が減ったり、水飲み場の水が出なくなったりしていた気がします。
家ではお風呂に水を張ったり、トイレ用にバケツで水を運んだり。
こどもだった私にとっては、不便だったけれどちょっとした夏の風物詩でした。学校では、肌色の石で出来た水飲み場の水受けが、からからに乾いていたのを思い出します。

ここのところ、そういった話を聞きませんが、例えば水を溜める施設の整備が進んで、断水する必要がなくなったのでしょうか?
夏の温度はは暑くなりつつあるということだから、気候が変わったのではないですよね。

2005年01月27日

バスに乗って

時たま、違う駅で降りてバスに乗って帰ることがあります。

外が見える電車も好きですが、バスは町がより近くで見えるので面白さも倍増。
昨日もちょっと遠回りをして、お台場・東京テレポートのロータリーからバスに乗りました。

d1f06011.jpg
平日のお台場、しかも19時すぎでは人もまばらです。
電気が消えかけている停留所の時刻表を覗き、まわりを高層ビルに囲まれて、ぽつんとバスを待っているのもなんだかいいものです。
ちょっと離れたところで、アマチュアらしきグループが映画の撮影をしていて、「アクション!」という勢いの良すぎる声が聞こえていました。

やがてバスが来て、200円を払って乗り込みます。乗客は私1人、貸し切り状態にわくわく。
観光地とはいえ、少し駅の周りを離れると倉庫や空き地が大半の町。その広い空き地越しに、蛍光灯の明かりを煌々と点けた巨大なビルが時たまのぞきます。道を歩く人はいません。さびしい谷間のような部分と、驚くほど華やかなビル街の対比が何ともいえなくて、その光景に釘付けになります。なぜか、これをみると落ち着くのです。

数分で東京テレポートセンター、そして東京都港湾局へ。次々に仕事を終えた人たちが乗り込んできて、あっという間にバスは満員になりました。

通勤で毎日バスを使っている人にとっては日常の光景なのだと思うのですが、私にとってはちょっとした非日常への小旅行。そのまま見慣れた家のそばまで、窓の外の眺めをしっかり楽しんで帰ってきました。

----
大学生のころは吉祥寺でバスに乗っていました。
都バスとまた違った雰囲気が大好きでした。
http://www.kt.rim.or.jp/?yana/essay/chp-2.html#bus

2005年01月25日

「最も憂鬱な日」inイギリス

イギリスの心理学者、The University of CardiffのDr.Cliff氏の公式によると、1/24(月)は、実は1年で最も憂鬱な日だったそうです。

http://www.msnbc.msn.com/id/6847012/


公式を見ても、数学とは縁を切っている私にはさっぱりわからないのですが、つまるところ以下の要素が関係あるらしい。
---------
1.新年の緊張感がゆるみ、その反動がやってくる。
年が明けて6,7日は健康に気をつけたりしているが、その緊張感がなくなると、ニコチンパッチを貼ることをやめちゃったり、冷蔵庫の中身を食べ尽くしちゃったりする。その反動がやってくるのが1/24。

2.クリスマスプレゼントの支払い請求(クレジットカードで買ったという想定でしょう)が来る。

3.新年にはじめよう!と決意したことが続かずに落ち込む。

4.天気が悪い(イギリスはこの時期どんよりと曇っている日が続く)。
---------

最も憂鬱な日が分かって良いことがあるのか?
あるんです。
人々は最悪の気分のときに、その気分を盛り上げようと旅行を予約することが多いため、旅行業界はその日が分かるととても助かる。あらかじめその日が分かっていれば、それに対していろいろな策を講じられるといことでしょうね。

「この公式は、もちろんすべてのケースに当てはまるわけではありません。その人その人によって状況は違うから。」と、the Royal CollegeのDr. Alan Cohen氏。「でも、この手の公式は、複雑な人の経験を簡素化することができるんです。」

公式を発表したDr.Cliff氏、今度は「最もハッピーな日」、つまり「旅行業界にとっては最悪の日」の公式を考え中だそうです。

…そういえばちょっと前にここの日記に書いた「マーフィーの法則考」も考えたのはイギリス人数学者でしたね。

2005年01月21日

豆乳なべ

b8d229bb.jpg
6a250134.jpg
友達と10人ほどで、なべをつつきました。
初トライの「豆乳なべ」です。

いったいどうやってつくるのだろう…と、いろいろと想像をめぐらせていたのですが、いまは既に味つけが全部されている「豆乳鍋スープ」という便利なものが売っているんですねぇ。


続きを読む

2005年01月18日

出先から覗く、おうちのMac

世界中のどこにいても、PDA(持ち運びができる小さい端末。PalmとかClieとかもそうです)を使って、おうちのパソコンを操作することができるらしいのです。(知らなかった・・・)

Windowsユーザならそれ用のソフトウェアも用意されているけれど、MacコラムニストのTeddy the Bearさんは、おうちのノート型Macintosh、PowerBookのデスクトップを、PDAの液晶画面に表示させて、家にいるのと同じように操作したいと思い、実際にその環境をつくってしまった、という記事が、wiredに載っていました。

http://www.wired.com/news/mac/0,2125,66292,00.html
(The Portable Mac OS X Geek)

仕事柄世界中を飛び歩いていることが多いので、出先でパソコンを使うことが多くなります。でもwindowsのパソコンを使うのはイヤ。で、ちょっと(ちょっとか?)工夫をして、家のパソコンをリモートで使うことにしたようです。
PDAにバーチャルネットワーキングのソフトをインストールし、ワイヤレスでインターネットに繋ぎ、同じくインターネットに繋いでいる自宅のPowerBookにログインして使っています。

自宅のPowerBookに届いたメールを読んだりウェブページを見たりはもちろん、電話やfaxも受けられる。外付けの80GBハードディスクに、外出中のテレビ番組を録画できるし、PDAの画面越しに遠く母国のテレビのチャンネルを変えたりもできる。

Mac Geek(マックオタク)といわれても仕方ないかもしれませんが、アイディアをしぼってここまでしちゃう情熱はすごい。
これが一般に売り出されると嬉しいな。私にはそこまでの情熱と知識はないので、人任せですが・・・。

ところで、Teddy the Bearさんが遠く異国の地にいるときに、万が一PowerBookがフリーズしたりしたらどうするのか?
そのときはサーバー管理者であるところのカノジョが駆けつけて再起動。その辺はアナログなんですね。

Teddy the BearさんのBlog:
http://teddythebear.blogspot.com/

2005年01月17日

雲の上の住居

df82f331.jpg
近く入居がはじまるらしい高層アパートメント。
45階建てと54階建ての二棟が、にょきにょきと空を目指しています。

天気が良いので気をよくして、ベランダに洗濯物を出しているときにこのアパートメントを見上げると、二棟の間、30Fあたりにぽっかりと雲が覗いていました。ぼおっと「へええ、面白い景色だな」と思っていたのですが、ちょうどその高さ以上の家に住んでいる人は、時として雲の上から下界を見下ろすこともあるのか、と不思議な気持ちになりました。(遠近の距離で、雲が低く見えているのかもしれないけれど・・・)

高層ビルがあちこちに立ち並ぶ東京に住んでいて、最近は50Fとか60Fという階数にあまり驚かなくなりました(サンシャイン60に登るとき、興奮したこともあったのに。)。
でも観光地や仕事でその高さのフロアに立つことには慣れていても、そこに「住む」となると何となく違和感があります。
窓を開けると空気が薄くて苦しいとか、洗濯物が落ちたらどこへ行くんだろうとか(そもそも干せないかな)、下界は晴れているのに家の窓から見えるのは真っ白な霧、ということもあるんじゃないでしょうか。想像のしすぎかな?

高層階に実際に住む人が困っていること、を以前TVで聞いたことがあります。
1.携帯電話の電波が届かなくて、1Fまで降りて話をしないといけない。
2.オートロックなので新聞は1Fの共用ポストコーナーに届くが、毎朝それを取りに行くためにエレベータで渋滞が起きる。

なんだか、ちょっと大変そうで