2018年10月04日

Apple Watch 4の指定席

使い始めて2週間、Apple Watch Series 4。
【心躍る時計:Apple Watch 4 Hermès】(2018.9.22)

日中使って帰宅するとだいたいバッテリーは残量70%。(セルラー契約なし)
2日は持ちそうですが、なんとなく毎日充電をしています。

充電はケーブル先の丸いパーツの上に置いてする格好。
マグネット吸着するので安定するし、使いにくくはないのですが、とはいえケーブルがぷらぷら置いてある状態なのでなんだか落ち着かない。

スタンドを買いました。
Amazonの説明書きに、私が今回買ったSeries 4でも使えるとなっていたので、心配はしていませんでしたが、実際設置してみて問題ないとわかり、一安心しています。

スリット部分に時計を上から滑り込ませると、背後から充電ケーブルをはめ込んだ位置にちょうど固定される作り。

181004_220243_IMG_6054

前から見るとこんな感じ。続きを読む

akikoyanagawa at 23:49|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to EvernoteiPhone・iPad 

2018年09月22日

心躍る時計:Apple Watch 4 Hermès

無くても全く困らないけれど、身につけているとちょっと楽しく、気持ちがしゃんとするもの。

一日着けて歩いての、感想です。
Apple Watch 4。Hermèsモデルを買いました。

180922_085950_YK3_2813


エルメス仕様の文字盤が付いているのと、革ベルトがエルメス製、また付属のシリコンバンドもエルメス色なのが、通常盤との違いです。

Apple Watch自体はずうっと気になっていたものの(持っている友達を見るたびに)、でも絶対必要なものではないからな…と二の足を踏んでいました。そもそも長く使っている時計が手元にあるというのも、保留にしていた理由のひとつ。
でも、Hermèsモデルを知って、これなら毎日身に着けているのが楽しいだろうな、と思うようになり、2018年の予約受け付け開始の翌日朝、ちらちらAppleのサイトを見ていたら、急に朝早い時間の受け取り時間指定が復活していて、勢いで予約してしまい、待っている間に友達にも背中を押されつつ決心は固まり、そのまま購入しました。
(買った日のことは最後に。)

----------
さて、開封。

180922_071735_MK3_6102

箱が2つ入っています。

180922_072049_YK3_2709

180922_072429_YK3_2724

華やかなオレンジ色の箱から出てきたのは、続きを読む

akikoyanagawa at 10:36|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to EvernoteiPhone・iPad 

2018年09月08日

Hamiltonのあの人、お客さんと一緒に歌う

2016年のトニー賞で圧倒的な存在感を見せた、ミュージカル『Hamilton(ハミルトン)』



いまはイギリスでも上演中ですが、脚本・作曲・作詞の上、俳優として参加してもいる、リン=マニュエル・ミランダが、イギリスのWelsh barのツキイチの"sing-along night”イベントに参加!

突然のことだったようで、お客さん大喜び。
そりゃそうだ〜。

【Lin-Manuel Miranda Rocked Up At A Welsh Bar’s Sing-Along And Sang ‘Hamilton’ Songs:Huffpost】(2018.09.08)

みんなでMyShotとか、



レミゼのOne Day More一緒に歌ったとか!







楽しそう。羨ましいなあ。

----------
(おまけ)
James CordenのCarpool Karaokeにリン=マニュエル・ミランダが登場した回。
『Rent』のSeasons of Loveも聞けますよ。好き。


akikoyanagawa at 13:19|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernoteその他舞台 

2018年08月14日

大人と子ども一緒に「風の遊園地からの脱出」

2日かけて、東京ドームシティのポケモン脱出ゲーム、無事完走しました!
【風の遊園地からの脱出】(東京ドームシティ アトラクションズでは2018年9月24日まで)

大人2人、小学生2人で、15時からの回でスタートしたもののその日には終わらず、翌日も夕方から夜まで。
隅から隅までコンプリート。(参加した人はわかるはず)
真夏の太陽の中、あっち行ったりこっち行ったり、とことん歩いたなあ。

180815_181507_P8155549

大人は大人用の、子どもはそれを平易にしたバージョンの冊子が配られ、たどるコースは一緒、こなさないといけないミッションが違うようにできています。
ポケモンのことは知っていたら答えの想像が付きやすいけれど、続きを読む

akikoyanagawa at 22:35|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernoteイベント 

2018年08月09日

「足の裏」が楽しい!チームラボプラネッツ(新豊洲)

天気が大丈夫そうだったので、台風の翌日、思い立って行ってきました。
チームラボのPlanets。
朝イチで行ったので、並ばず入れて、中も程よい混み具合でした。

180809_092439_P8095216

去年はヒカリエの「未来の遊園地」に参加。チームラボは二回目です。
今回のポイントは、光や視覚はもちろんですが、「水」そしてなにより続きを読む

2018年07月21日

海外舞台を映画館で!NTLive Japanの裏話

一昨年秋くらいから、割と観に行っている、ナショナル・シアター・ライブNTLiveの日本での上映。
【ナショナル・シアター・ライブ(日本)】
【National Theatre Live】

イギリスで行われている企画で、ナショナル・シアターを中心に優れた舞台作品を、映画館で楽しむ、というものです。

基本舞台が上演されているその時間に、映画館で観るというライブビューイングなのですが、日本では翻訳とか集客の都合で、録画されたものが毎回たいてい一週間ほど上映されています。

カルチャヴィルという配給会社さんがTOHOシネマズと協力して、このNTLiveやブラナー・シアター・ライブ上映を日本で5年続けてきています。
その記念シンポジウムと銘打ったイベントに、行ってきました。青山学院大学の本多記念国際会議場にて。

IMG_4419 (1)

4時間近い長丁場でしたが、とても面白かった!

----------
最初に壇上に上がったのは、配給会社カルチャヴィル代表の中村未知子さんと、この企画においては中村さんの右腕と言っても過言ではない、演劇ライターの兵藤あおみさん。
お二人からは、日本上映に関する、裏話いろいろ。続きを読む

akikoyanagawa at 12:29|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernoteその他舞台 | イベント

2018年07月14日

もろこしの“生”!

秋田のお菓子、もろこし。
ざくりとした砂糖とあずき粉のお菓子で、つい数年前、従妹の出産クラスに同伴したときにはじめて食べて、すっかり好きになってしまいました。

そうそう、このとき。
東京アメリカンクラブで、日本の昔からの美味しさを知る不思議。
【英語圏の人向けBirth Class@東京アメリカンクラブ(2013年9月8日)】

そしてこの間、もろこしには「生もろこし」なるものがあることも知りました。

180714_122134_P7145018

ふっくらもっちり、真ん中にあんこが入ったそれは、上品なおまんじゅうみたいでした。また食べたい。

もちろん普通のもろこしも美味しかった。

180714_122059_P7145015

180714_122326_P7145020

このページに詳しいもろこし情報が。
【なんも大学:もろこし①謎に包まれた「もろこし」調査開始】

こんなにもいろいろな種類が!
型もかわいいなあ。

もし秋田に行くことがあったら、もろこしのお店回りたいです。

2018年07月08日

NTLive『アマデウス』

イギリスのナショナル・シアターでの舞台録画を、映画館で楽しめるNTLive。
【NTLiveラインナップ】
気になる作品をチェックして、時々観に行っています。

今回は、2017年2月2日オリヴィエ劇場で上演の『アマデウス』。
映画化もされた、1979年初演、ピーター・シェーファーの戯曲です。

作曲家モーツァルトの姿を、同じく作曲家であるサリエリの視点から描いています。
才能を持ち易易と開花させていく人間が身近にいて、それを指を加えてみていることしかできない苦しさや葛藤。
※史実とはだいぶ違う設定にはなっていて(この辺は販売されているパンフレットに説明がありました)、実際こういった感情のやりとりはなかったようですが…



同じ原作の舞台作品を、数年前に松本幸四郎さんサリエリで観たのですが、


(以下ネタバレというほどではないものの、作品の演出に関する踏み込んだ感想はあります)








続きを読む

akikoyanagawa at 18:43|PermalinkComments(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernoteその他舞台 | 映画