2022年06月05日

映画『東京オリンピック2020 SIDE:A』


自分と向き合い、高みを目指すランナーだけが、おそらく聴いているであろう自分の足音。
勝敗の瞬間、ふと溢れるため息、自分を律するように道着を直す、かすかな音。

大事な一打を待つ、ベンチのチームメイトの祈るような瞳と仕草。
客席を見上げ、コーチの励ます声をすがるような目で聞く陸上選手。
選手を退き、自宅からチームメイトの試合を見守る元選手。

そう、こういう距離の近い視点が観たかった、と、満足して映画館を後にしました。
『東京オリンピック2020 SIDE:A』。

特に選手の発する「音」のみを取り出して演出が印象的で、どう録音したんだろう…とその秘密が知りたくなりました。無観客だったからというのもうまく作用していそうですね。
陸上選手の息遣いとか、バスケットボールが跳ねる音だけが聞こえる瞬間は、こちらも息を呑んでしまいました。

おそらくその現場にいる人たちだけが見聞きしているであろう試合の様子が淡々と描かれています。
河瀬直美さんという視点が切り取った、オリンピックの景色の一部が見られる2時間でした。



難民として他国の旗のもと出場した選手や、延期の間に出産し母乳をあげつつ試合に出た選手、誹謗中傷をうけながらも堂々とフィールドに立つ選手。

割合としては、日本の選手が少し多め、海外の選手が大半だったのですが、印象的だったのは、人生において、オリンピックに出場することをどう位置づけるかという考え方の違いでした。

「金メダルをとるよりも、価値のあることが人生にはたくさんある」

「大事なのは、どの競技を選ぶかではなく、スポーツで高みを目指すことに、本人が価値を感じているか、楽しめているかということ」

複数の海外の選手から聞かれた言葉です。
自分の人生を豊かにするために、ツールとしてスポーツを選んでいるという考え方は、日本の選手にはあまりないない考え方のような気がしました。

柔道の大野選手が、金メダル確定後に元選手の野村さんにこぼした「怖かった」という一言や、ソフトボールの新星・後藤選手の「ソフトボール界を盛り上げていきたい」という言葉…これ、こういった海外の選手からはおそらく聞かれないものなんじゃないかなと、その差を考えてしまいました。

国やその競技のコミュニティを背負うとか、世話になった人のためとか、そういう気負いがなくなれば、シンプルに集中して自分の練習に打ち込めるんじゃないだろうか…。
類まれなる才能を持つ選手たちが、もっと自由にいろいろな活動ができたら良いなあと、そんな感想を持ちました。

紹介されていた選手たちはそれぞれに魅力的で、さっそく彼らのSNSアカウントなどを調べ、フォロー。
また、音を担当したという音響さんも見つけたのでフォロー。
オリンピックをきっかけに、競技や選手をたくさん知ることができ、楽しみが増え続けています。

286297889_10158671951321347_4913165999128516014_n

----------

音担当された方!!!




バスケのキム選手、映画祭行ったんですね〜!


<Twitter>
柔道 Saeid Mollaei @iammollaei
バスケ Kim Smith Gaucher @8kimsmith
マラソン Aliphine Tuliamuk @mamaZoeCherotch
陸上 Gabby Thomas @itsgabriellet

akikoyanagawa at 10:41|PermalinkComments(0) 映画 

2022年05月28日

今年はタイからも!スイカジュース


スイカジュースが店頭に並ぶようになりました。
夏が近づいてきましたね。

ベトナムのSONOMA GARDEN FOODSのSUIKA JUICEをを、2年愛飲していますが、

(一昨年、抽選でプレゼントいただいたときの記事)


今年は、新顔を発見。カルディや輸入食材扱うスーパーで見かけます。
タイのMotionのウォーターメロンジュース。

OMD25990




飲み比べてみたところ、
SONOMAのほうが、風味豊か。
Motionはさらっとしていて、味は薄め。


コンビニではCHABAAもよく見かけるようになりましたが(主にローソン)、



レモンの風味が割と強く感じられて、シンプルにスイカを飲みたい私には、SONOMAやMotionのほうが美味しく感じます。

店頭でまず、一本ずつ買い試してみてから、まとめ買いをお勧めします。
SONOMAは成城石井にコンスタントに入っている印象、
Motionはカルディが手軽でしょうか。

まとめ買いは、商品によりますが、続きを読む

akikoyanagawa at 12:59|PermalinkComments(0) たべもの・のみもの 

2022年05月19日

俳優を引き立てる、「木版画的」舞台装置


期待通りの面白さ。
『ブック・オブ・ダスト』映画館で観てきました。
イギリス舞台を映像で見られる、ナショナルシアターライブの一作品。

映画化もされた小説『ライラの冒険』の前日談を舞台化したもの。
まだ生まれたばかりのライラを守るべく、12歳の少年マルコムと、16歳のアリスが奮闘します。
脚本のテンポが良く、時に笑いを誘いながらも、女性の生きにくい環境についてのやりとり、善のために人を殺めて良いのだろうか…という問いもあり。
互いに歪み合う少年少女が少しずつお互いを認め合うようになる過程も自然で、微笑ましく眺めていました。



視点が舞台上のキャラクターに近づいたり、俯瞰的に見る位置まで遠のいたりする体験に、ワクワクしっぱなしでした。

そして、特筆すべきは舞台装置!
ほとんど物理的な装置はなく、プロジェクションマッピングなのですが、固定の映像ではなくアニメーションになっていて、物語の世界を見事に表現しているのです。
特に「洪水」の水には息を飲みました。

あえてリアルにはせず、木版画のような荒涼とした風合いを使うことで、俳優に目がいくよう「退いた」表現に徹した、と演出家。
確かに色合い鮮やかに、リアルに描き過ぎてしまうと、そちらに目が行ってしまうかもしれない。このバランス感が絶妙でした。

客席はコの字型に舞台を囲んでいて、舞台との視点の高さもほぼ同じ。
これは劇場で見たら、楽しいだろうなあと、客席のみなさんが羨ましく感じました。

-----------

今年のラインナップも発表になっています。
全部見にいくぞー。



IMG_2185


-----------

今回のブックオブダストの原作はこちら。

ブック・オブ・ダストI 美しき野生(上) (新潮文庫)
フィリップ・プルマン
新潮社
2021-05-28




原書。





-----------

『ライラの冒険』二度映像化されているとのこと。

2007年映画版と、


2019年からのBBC放送ドラマ版。
2020年にはシリーズ2も。リンさん(リン=マニュエル・ミランダ)出てたんですね!


「黄金の羅針盤」は原作こちら。

ダーク・マテリアルズI 黄金の羅針盤(上) (新潮文庫)
フィリップ・プルマン
新潮社
2021-03-27



原書。

The Golden Compass Graphic Novel, Complete Edition (His Dark Materials)
Pullman, Philip
Knopf Books for Young Readers
2017-09-05



akikoyanagawa at 22:47|PermalinkComments(0) その他舞台 | 映画

2022年03月21日

マイルドライナー、新10色


手帳でも永年愛用している、「派手すぎない」マーカー、ゼブラのマイルドライナー。
あたらしく10色が発売です。
「やさしさマイルド」「ナチュラルマイルド」の5本セットが2つ。

「やさしさマイルド」
  • マイルドソーダブルー
  • マイルドライラック
  • マイルドベビーピンク
  • マイルドハニーオレンジ
  • マイルドシャーベットイエロー


「ナチュラルマイルド」
  • マイルドクールグレー
  • マイルドベージュ
  • マイルドクリーム
  • マイルドダスティピンク
  • マイルドオリーブ



2022年3月22日から全国で発売開始だそうですが、ヨドバシカメラからは一日早く届きました。

OMD15652

薄手のビニルケースは裏側が圧着するチャック付きで、そのままケースとしても使用できるようになっています。

必要な色を選びたかったんですが、実際手元で比べてみないと難しく…大人特権で10本新色を全部買い。全部で35色になりました。

微妙な差異は並べないとわからないので、表を作ってみました。

OMD15655


手帳でちょびっとずつ差をつけて使うのも楽しそう。
体のケア系はすべて「マイルドグリーン」でしたが、
ネイルケア、顔のお手入れ、ヘアサロン、耳鼻科…と少しずつ分けようかな。

検討します!




(おまけ)
海外はちょっとラインナップが違うようです。今回海外で発売になるのは5色で、コッパーCOPPERという色が日本の一覧に入っていない色が含まれています。気になりますね。



akikoyanagawa at 20:20|PermalinkComments(0) 文房具 | 手帳・生活管理

2022年02月27日

『ナイル殺人事件』ケネス・ブラナー


シンメトリーを意識した画の美しさに始終はっとしてばかりでした。
ケネス・ブラナー監督の『ナイル殺人事件(Death on the Nile )』。
総指揮に、リドリー・スコットもいるんですね。



ざらりとした砂漠と、ナイル川を進む豪華客船カルナック号のちぐはぐなピカピカ感が妙に魅力的。
ポアロ役のケネス・ブラナーや、舞台経歴長い俳優の演技をじっくり見せる、長回しが多用されているのもとても好きでした。
転じて最後、犯人を追い詰めていくスピード感を、この前半があったからこそ際立たせていたように思います。

船は実際に作ったんですね…!


----------

TOHO日比谷のラグジュアリーシートだったので前に覆いがあり、視界全部スクリーンになるので、没入感も凄かった。



image

前回、同じくラグジュアリーシートで観た時にこの没入感にハマり、続編である今回の『ナイル川殺人事件』も絶対同じ条件で見ようと思っていました。大正解。



アガサクリスティの原作にはないエピソードや、登場しないキャラクターを挟んでいたり、ポアロの「弱さ」「過去」に光を当てる描き方に、違和感を感じる原作ファンも多いかも?
テレビシリーズでポワロを演じたデヴィット・スーシェの、続きを読む

akikoyanagawa at 17:10|PermalinkComments(0) 映画 

2022年02月12日

『THE RESCUE』奇跡を起こした者たち


2018年、タイで洞窟が水没し、”冒険”と称してもぐりこんだ10代の男の子たち13人が、引き返せなくなった事故。
その救出までのドキュメンタリー映画を観てきました。The Rescue。



好きでインスタをフォローしている、ナショナルジオグラフィックのカメラマンさんJimmy Chin氏が監督のひとりとして参加していて、興味を持ちました。

【Jimmchin:instagram】

当時日本でも、連日報道があったと記憶していますが、その仔細な様子が、実際の当時映像と当事者のインタビューを交え、巧みに構成された2時間。
ほんとにギリギリの賭けが運良く周ったこと、そして心の底から助けなくては…!という関係者の努力の積み重ねが、結果を産んだのだと思い知らされました。

----------

何より驚いたのは、続きを読む

akikoyanagawa at 18:44|PermalinkComments(0) 映画 

2022年02月02日

スタバのモレスキン、2021年ぶんが到着!


2021年にスタンプを集めていたキャンペーンで、スタバ x モレスキン、届いております。
これで4冊目になりました。

OMD25504


OMD25498


去年の記事はこちら。
このときはスタンプ85個(1スタンプ=290円以上の商品購入)を目指していたので、辛かった!


今年は、
スタンプ35個でカイエ、
IMG_9543


50個でポケットサイズ、
IMG_9646


85個でラージサイズ。

私はずっと、モレスキンのポケットサイズを集めているので、50個のスタンプですむ!と正直ホッとしました。
スタバに行くのが好きとはいえ、続きを読む

akikoyanagawa at 17:41|PermalinkComments(0) モレスキン | 手帳・生活管理

2021年12月31日

劇団四季『アナと雪の女王』@四季劇場[春]


劇団四季のディズニーミュージカル『アナと雪の女王』観てきました。

image


既に観た、舞台をよく観ている人たちの感想の歯切れが悪いのがちょっと気になっていた作品。
実際観てみて、あっなるほど…と思ってしまいました。

あの曲はどーん!と盛り上がるのですが、他のナンバーの印象が薄いのと、進むテンポが基本的にかなり早く、セリフが脳で処理できる前に次のシーンに進んでいる感じで、なんとなく落ち着かないのが残念。

『アナと雪の女王』、私は映画を観ていないので、一緒に観た甥っ子たちに、映画と比べるとどうなの?と聞いてみたのですが、フィーチャーしている部分が全く違う、との返事。知らない曲も複数あったそうです。

映画原作ではさらっと流している部分に大注目して作っているのが舞台らしい。
舞台でも成立するように、見る角度と寄る箇所を変えている感じかしら。
なんとなく主題が見えにくいのはそのためなのかもしれません。

----------

ブロードウェイでは割と早くに公演が終了した(コロナ禍のタイミングで閉まり、その後全国ツアー公演へ)のも、強烈なインパクトを残すシーンやメッセージがないからなのかなあ、と。

俳優さんは頑張ってました。
岡本さんと三平さんペアの日。アナという役は、続きを読む

akikoyanagawa at 18:07|PermalinkComments(0) 劇団四季