2017年05月12日

moleskine カイエで旅行ノート

ひと旅行で一冊、moeskineカイエを使ってあれこれメモを残しています。

170521_210709_PEN51840

実は全部完成させているのはまだ一冊もありません。
が、それでもメモは、次に旅行に出る時の参考になるし、なにより作ったり見るのが楽しくて、続けています。

出発前には飛行機のことや持ち物、持って行くおみやげのメモ。

170521_210934_PEN51848

行きたい施設やお店の開いている時間(スマホで見るといちいち探さないといけない)、遊園地ならマップ(出先でもらった紙のやつは、持っているうちにへろへろになっちゃう)。

170521_210728_PEN51841

170521_210737_PEN51842

事前にあつめた情報は、旅行のだいぶあとで見直した時にも役に立ちます。
同じ季節だと同じ服を持っていきがちなので、せっかくなら少し違うものにしようとか、同じ場所を訪れるなら、以前行こうと思って行かなかったところを再検討したりとか。

出先では、必要なメモを残したり、その日の過ごし方を時間ごとに記録。
あとはスタンプを押したり、チラシを貼ったり自由に使っています。
170521_210834_PEN51845


170521_210822_PEN51844


今は、出先で写真を貼るためにどうしたら良いかを試行錯誤中。
ポラロイドのZIPを持ってはいるのですが、続きを読む

2017年04月08日

桜、2017年春

今年のサクラの写真は、iPhone 6sのみで。
ああ、これはきれいだなと、桜を見つけた時手元にはiPhoneのみ、という日が多かったためです。

ProCam4のアプリが、露出をマニュアルで決めて撮れることを思い出し、チャレンジ。
思った以上の出来に満足です。

【ProCam 4】(App Store)

170408_155408_IMG_7635


170408_155254_IMG_7631


170408_125410_IMG_7610


170408_125511_IMG_7611


170408_125346_IMG_7609


【桜、2016年春(2016/4/2)】
【桜、2015年春(2015/4/4)】
【桜、2013年春(2013/4/9)】
【桜、2012年春(2012/4/9)】

2017年04月01日

最近のGet to Work Book

去年7月から使っている、Get to Work Book。
欠かさず書き込んでいて、もはや手放せない相棒になっています。

GTWBmar6


見開き一週間、縦方向に一日の予定を書くバーチカル形式の手帳です。
ぶ厚い紙と、シンプルな色遣い。ごつごつしたつくりの頑丈な家置きノート。
週末に次の一週間ぶんの予定をMoleskineのマンスリーから転記して、それに付随した細かいことをどんどん書き込みます。

xxに行く、という予定の上には、家を出発する時間。持って行こうと思っているもの。
終わる予定の時間。ふと思いついた寄り道の予定。
思いついたことはすぐ残さないと、忘れていってしまうので、この役割りのノートが一冊有ると助かります。

次年度分、7月始まりも予約が始まっていたので、申し込みました。
月末にはやってくるかな。楽しみです。

【2017年 新年手帳のいろいろ】(2016.1.7)
【kikki.K付箋をもっともっと】(2016.12.3)
【GET TO WORK BOOKで週間プランニング】(2016.9.24)


2017年03月03日

【読了】「狩人の悪夢」有栖川有栖

有栖川有栖氏の作品は、優しい。
犯罪という穏やかではないものを扱っているのに、その優しさに毎回、何度も涙ぐんでしまいます。

「狩人の悪夢」も、そんな彼だからこその結末でした。

(ネタバレ無し)

狩人の悪夢
有栖川 有栖
KADOKAWA
2017-01-28



追い詰められた極限状態にあるからこそ発露する、愛情や憎悪、醜さと面白さを、有栖川氏は丁寧に、それはそれは大切に扱う。そこに優しさを感じるのです。

彼は人が好きなんだなあ、と毎回思います。人というものの儚さや強さが、小さな描写に散りばめられていて、読み手の心の奥底を揺さぶります。

事件をロジカルに暴いてゆく、一見冷徹な火村と、推理作家という立場からあらゆる可能性を提示し、間違うことで、火村を間違っていない道へ導く作中キャラクターの有栖川有栖のコンビは、生まれてなんと25年になるそうです。

あとがきは、彼らの物語を新たな視点から書いてみたいともあって、ファンとしてはまた楽しみが増えました。
続きを読む

2017年02月12日

Beats X wireless 〜2つめのワイヤレスイヤフォン

発表当初「この秋登場」だった、Beats X wireless。
発売は延期になり、じりじり待って、ようやく!手に入れました。

170212_100059_IMG_6778




AppleStoreとAUショップで、ホワイトとブラックのみ先行発売。
私はApple Store ネットストアでホワイトを購入しました。
【Apple Store ネットストア Beats X】
【AUネットストア Beats X ホワイト】
【AUネットストア Beats X ブラック】

そのほかブルーとグレイがあるけれど、その2色の発売は少し先。
また、量販店ではすべての色が4月以降の登場となるそうです。

私は2年半前に、Powerbeats2 wirelessを買い、ほぼ毎日使っていました。
【Beats ワイヤレスイヤフォン "Powerbeats2 wireless" 購入】(2014.8.30)

丈夫で便利で、毎日の生活に欠かせない持ち物。とはいえ、最近ちょっとバッテリーのもちが悪くなってきたことと、私の扱いが悪かったこともあって、コントローラの音量ボタンを覆う部分に穴を開けてしまい、若干不便に。そろそろ買い換えようかな、と、Beats Xは楽しみにしていました。

コートを脱いでも、鞄を持ち直しても絡まない、ワイヤレスの気楽さを経験したら、外出時のイヤフォンは、ワイヤレス以外考えられなくなりました。
コードがつながっているイヤフォンよりも、頻度高く持ち歩いていた気がします。

今回、先に発売になっていた後継機のPowerbeats3とも迷ったのですが、


せっかくならちょっと違う形のものを、と、こちらにしました。

さてさて。箱を開けます。続きを読む

2017年02月04日

マリメッコ展@渋谷東急Bunkamura

マリメッコ展、覗いてきました。

marimekko2017


マリメッコというテキスタイル会社(オリジナルデザインの柄を、布地などにプリントして売っています。最近は洋服や食器、ポーチなどにも展開。)の、黎明期から今まで。
なんとなーく知っていて、好きな柄もあって、時々買い物していますが、1949年にできた小さなテキスタイル工場(プリンテックス)からスタート、布地も見てもらうためにファッションショーを開催&大評判、そこからマリメッコが生まれたことや、事業としてすぐにうまくいったわけではなかったことなど、知らないことがたくさん。

有名なウニッコが初期のものだとか、



あの車のデザイン「ブ ブー」は、日本のデザイナーさんのものだということも初めて知りました。



テキスタイルから洋服デザインにするときに、柄を小さく服に合うようにしたりということもあったんですね。

展示は時代ごと、デザイナーさんごとに分かれていますが、続きを読む

akikoyanagawa at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernoteイベント 

2017年01月18日

【読了】「モノを探さない部屋づくり 無理して捨てないお片づけ」

「身の周りが片付かないのは、その人が悪いんじゃなく、自分に合ったモノの整理の方法を知らないから。それだけだよ。」

一昨年、ヒバリ舎・ミエさんのお片づけ講座に参加して、衝撃を受けた一言です。
【解明:片付けがうまくできない理由】(2014.11.17)
【お片づけセミナーその2、収納の基本】(2015.1.10)

【ヒバリ舎】

私は片付けができないダメ人間だ、と、忘れ物番長だった子供の頃から、ずーっとずっと自分に貼り付けていたラベルが、ぺろっと剥がれた瞬間でした。
なんだ、学べば良いのかと。

そのミエさんの教えてくださったことが、本になりました。
トライアルの頃にモニターとして講座に参加したり、体験談をほかのお客さんの前でお話したりと少しだけお手伝いしていたので、発売直後に送ってくださいました〜。ありがとうございます!





実際に、ミエさんの必要なもの・お気に入りのものだけに囲まれた部屋で、引き出しの中まで見せて貰いながら教わるのとは異なりますが、この本では要点が簡潔に、実例も含めてわかりやすく説明されています。

例えば、いつも出掛けるときに鍵を探しちゃうのは、決まった鍵の置き場所がないから。
置き場所があっても、そこが自分の帰宅後の動線上にはなかったり、仕舞うまでに扉を開けるとか、面倒な動作が必要だったりすると、「とりあえずここでいいや」と置き場所の意味がなくなってしまう。
美しい収納の仕方に自分を合わせるのではなく、自分がストレスなく自然にできる収納を考える。
まだ道半ばですが、その考え方で身の回りを整え始めたら、散らかりにくくなり、片付けも自然にできるようになりました。

ただし、この「自分がストレスなく」という部分が意外に難しく、続きを読む

2017年01月07日

2017年 新年手帳のいろいろ

年末年始のバタバタが落ち着いて、ようやく手帳を開きました。
毎週週末に書いている、Get to WorkBook。見開きで一週間が見渡せる、バーチカルの手帳です。
【GET TO WORK BOOKで週間プランニング】(2016.9.24)

ハンコやエンベリッシュメントをばんばん貼り付けて、イラストを書いて予定を(済んだものも)書いてほっと一息。

170107_105554_PEN51052


手を動かしていると、落ち着きます。
この手帳自体は、7月はじまりなので、特に新年らしく新しくするところはありません。
引き続き、家置き手帳として楽しく使っていきたいと思います。

月間カレンダーのみの持ち歩き手帳(モレスキン マンスリー ラージサイズ2017)は1月はじまり。
去年の5月に買っているので、ちょいちょい手は入れてきていましたが、最後のページのポケットの真ん中をくり抜いて中が見えるようにするとか、ハガキやチケットが挟めるように、トラベラーズノートの貼り付け式ホルダーを貼り付けるとかがまだ終っていず、慌てていま整えている最中です。
と言っているそばから、お誘いや予定が入り始めています。焦る焦る。でも有難いなあ。

欠かさず記事を読んでいる、文具ライターの土橋正さんを真似して、最終週のマスが足りない月に、続きを読む