2022年05月19日

俳優を引き立てる、「木版画的」舞台装置


期待通りの面白さ。
『ブック・オブ・ダスト』映画館で観てきました。
イギリス舞台を映像で見られる、ナショナルシアターライブの一作品。

映画化もされた小説『ライラの冒険』の前日談を舞台化したもの。
まだ生まれたばかりのライラを守るべく、12歳の少年マルコムと、16歳のアリスが奮闘します。
脚本のテンポが良く、時に笑いを誘いながらも、女性の生きにくい環境についてのやりとり、善のために人を殺めて良いのだろうか…という問いもあり。
互いに歪み合う少年少女が少しずつお互いを認め合うようになる過程も自然で、微笑ましく眺めていました。



視点が舞台上のキャラクターに近づいたり、俯瞰的に見る位置まで遠のいたりする体験に、ワクワクしっぱなしでした。

そして、特筆すべきは舞台装置!
ほとんど物理的な装置はなく、プロジェクションマッピングなのですが、固定の映像ではなくアニメーションになっていて、物語の世界を見事に表現しているのです。
特に「洪水」の水には息を飲みました。

あえてリアルにはせず、木版画のような荒涼とした風合いを使うことで、俳優に目がいくよう「退いた」表現に徹した、と演出家。
確かに色合い鮮やかに、リアルに描き過ぎてしまうと、そちらに目が行ってしまうかもしれない。このバランス感が絶妙でした。

客席はコの字型に舞台を囲んでいて、舞台との視点の高さもほぼ同じ。
これは劇場で見たら、楽しいだろうなあと、客席のみなさんが羨ましく感じました。

-----------

今年のラインナップも発表になっています。
全部見にいくぞー。



IMG_2185


-----------

今回のブックオブダストの原作はこちら。

ブック・オブ・ダストI 美しき野生(上) (新潮文庫)
フィリップ・プルマン
新潮社
2021-05-28




原書。





-----------

『ライラの冒険』二度映像化されているとのこと。

2007年映画版と、


2019年からのBBC放送ドラマ版。
2020年にはシリーズ2も。リンさん(リン=マニュエル・ミランダ)出てたんですね!


「黄金の羅針盤」は原作こちら。

ダーク・マテリアルズI 黄金の羅針盤(上) (新潮文庫)
フィリップ・プルマン
新潮社
2021-03-27



原書。

The Golden Compass Graphic Novel, Complete Edition (His Dark Materials)
Pullman, Philip
Knopf Books for Young Readers
2017-09-05



akikoyanagawa at 22:47|PermalinkComments(0) その他舞台 | 映画

2022年03月21日

マイルドライナー、新10色


手帳でも永年愛用している、「派手すぎない」マーカー、ゼブラのマイルドライナー。
あたらしく10色が発売です。
「やさしさマイルド」「ナチュラルマイルド」の5本セットが2つ。

「やさしさマイルド」
  • マイルドソーダブルー
  • マイルドライラック
  • マイルドベビーピンク
  • マイルドハニーオレンジ
  • マイルドシャーベットイエロー


「ナチュラルマイルド」
  • マイルドクールグレー
  • マイルドベージュ
  • マイルドクリーム
  • マイルドダスティピンク
  • マイルドオリーブ



2022年3月22日から全国で発売開始だそうですが、ヨドバシカメラからは一日早く届きました。

OMD15652

薄手のビニルケースは裏側が圧着するチャック付きで、そのままケースとしても使用できるようになっています。

必要な色を選びたかったんですが、実際手元で比べてみないと難しく…大人特権で10本新色を全部買い。全部で35色になりました。

微妙な差異は並べないとわからないので、表を作ってみました。

OMD15655


手帳でちょびっとずつ差をつけて使うのも楽しそう。
体のケア系はすべて「マイルドグリーン」でしたが、
ネイルケア、顔のお手入れ、ヘアサロン、耳鼻科…と少しずつ分けようかな。

検討します!




(おまけ)
海外はちょっとラインナップが違うようです。今回海外で発売になるのは5色で、コッパーCOPPERという色が日本の一覧に入っていない色が含まれています。気になりますね。



akikoyanagawa at 20:20|PermalinkComments(0) 文房具 | 手帳・生活管理

2022年02月27日

『ナイル殺人事件』ケネス・ブラナー


シンメトリーを意識した画の美しさに始終はっとしてばかりでした。
ケネス・ブラナー監督の『ナイル殺人事件(Death on the Nile )』。
総指揮に、リドリー・スコットもいるんですね。



ざらりとした砂漠と、ナイル川を進む豪華客船カルナック号のちぐはぐなピカピカ感が妙に魅力的。
ポアロ役のケネス・ブラナーや、舞台経歴長い俳優の演技をじっくり見せる、長回しが多用されているのもとても好きでした。
転じて最後、犯人を追い詰めていくスピード感を、この前半があったからこそ際立たせていたように思います。

船は実際に作ったんですね…!


----------

TOHO日比谷のラグジュアリーシートだったので前に覆いがあり、視界全部スクリーンになるので、没入感も凄かった。



image

前回、同じくラグジュアリーシートで観た時にこの没入感にハマり、続編である今回の『ナイル川殺人事件』も絶対同じ条件で見ようと思っていました。大正解。



アガサクリスティの原作にはないエピソードや、登場しないキャラクターを挟んでいたり、ポアロの「弱さ」「過去」に光を当てる描き方に、違和感を感じる原作ファンも多いかも?
テレビシリーズでポワロを演じたデヴィット・スーシェの、続きを読む

akikoyanagawa at 17:10|PermalinkComments(0) 映画 

2022年02月12日

『THE RESCUE』奇跡を起こした者たち


2018年、タイで洞窟が水没し、”冒険”と称してもぐりこんだ10代の男の子たち13人が、引き返せなくなった事故。
その救出までのドキュメンタリー映画を観てきました。The Rescue。



好きでインスタをフォローしている、ナショナルジオグラフィックのカメラマンさんJimmy Chin氏が監督のひとりとして参加していて、興味を持ちました。

【Jimmchin:instagram】

当時日本でも、連日報道があったと記憶していますが、その仔細な様子が、実際の当時映像と当事者のインタビューを交え、巧みに構成された2時間。
ほんとにギリギリの賭けが運良く周ったこと、そして心の底から助けなくては…!という関係者の努力の積み重ねが、結果を産んだのだと思い知らされました。

----------

何より驚いたのは、続きを読む

akikoyanagawa at 18:44|PermalinkComments(0) 映画 

2022年02月02日

スタバのモレスキン、2021年ぶんが到着!


2021年にスタンプを集めていたキャンペーンで、スタバ x モレスキン、届いております。
これで4冊目になりました。

OMD25504


OMD25498


去年の記事はこちら。
このときはスタンプ85個(1スタンプ=290円以上の商品購入)を目指していたので、辛かった!


今年は、
スタンプ35個でカイエ、
IMG_9543


50個でポケットサイズ、
IMG_9646


85個でラージサイズ。

私はずっと、モレスキンのポケットサイズを集めているので、50個のスタンプですむ!と正直ホッとしました。
スタバに行くのが好きとはいえ、続きを読む

akikoyanagawa at 17:41|PermalinkComments(0) モレスキン | 手帳・生活管理

2021年12月31日

劇団四季『アナと雪の女王』@四季劇場[春]


劇団四季のディズニーミュージカル『アナと雪の女王』観てきました。

image


既に観た、舞台をよく観ている人たちの感想の歯切れが悪いのがちょっと気になっていた作品。
実際観てみて、あっなるほど…と思ってしまいました。

あの曲はどーん!と盛り上がるのですが、他のナンバーの印象が薄いのと、進むテンポが基本的にかなり早く、セリフが脳で処理できる前に次のシーンに進んでいる感じで、なんとなく落ち着かないのが残念。

『アナと雪の女王』、私は映画を観ていないので、一緒に観た甥っ子たちに、映画と比べるとどうなの?と聞いてみたのですが、フィーチャーしている部分が全く違う、との返事。知らない曲も複数あったそうです。

映画原作ではさらっと流している部分に大注目して作っているのが舞台らしい。
舞台でも成立するように、見る角度と寄る箇所を変えている感じかしら。
なんとなく主題が見えにくいのはそのためなのかもしれません。

----------

ブロードウェイでは割と早くに公演が終了した(コロナ禍のタイミングで閉まり、その後全国ツアー公演へ)のも、強烈なインパクトを残すシーンやメッセージがないからなのかなあ、と。

俳優さんは頑張ってました。
岡本さんと三平さんペアの日。アナという役は、続きを読む

akikoyanagawa at 18:07|PermalinkComments(0) 劇団四季 

2021年11月17日

『tick, tick...BOOM!』NETFLIX@ヒューマントラストシネマ有楽町


『RENT』好きには刺さるシーンだらけ!

作者ジョナサン・ラーソンの自伝的ミュージカル、『tick, tick...BOOM!』観てきました。



30/90は長尺で動画上げてくれてますね!


30歳を目の前に、ウェイターのバイトをしながら、ミュージカル作品を生み出そうと創作活動を続けてきたジョナサン。
業界有力者も呼んだワークショップで作品を披露するチャンスが訪れ、焦りながらも奮闘する彼と、取り巻く友人たち。

『tick, tick...BOOM!』自体もミュージカルなので、いろいろな曲が使われているのですが、これがまたね、それぞれ体を満たす豊かな曲ばかりで。
映画館の音響で、この作品を観られてよかった…と心から思いました。

友人たち、つぶやく言葉、書き溜めた歌詞のアイディア、そして流れるメロディ。すべてに『RENT』の源流を感じることができて、『RENT』に触れたことのある人はにやりとすること間違いなし。

また、彼を支援していたスティーブン・ソンドハイムの生声テープが聞けたり、ところどころ「えっこの人、あの作品のオリジナルキャストよね?!」などなどなど、著名俳優さんが登場するのも見どころの一つ。

監督は、ハミルトンで一躍有名になった、リン=マニュエル・ミランダ。
作品のカメラワークは正直ちょい物足りないものの、ああリンさんは、ジョナサンラーソンと彼の作品を愛しているんだなあ、と感じさせる描き方でした。

インタビュー動画がこちら。


東京だと今なら、渋谷や池袋、吉祥寺で観られます。


FEUA8XYVIAA-Jzg

ジョナサンの音楽で満たされたい人は映画館おすすめ。
ネットフリックスでもこの後配信予定です。

-----

アンドリュー・ガーフィールドがジョナサンラーソン役。
迷ったり嬉しかったり、の表情がすこーんと素直に顔に出る、魅力的なジョン。彼の歌も好きだなあ。
エンジェルス・イン・アメリカの主役が見事で、それ以来気になっている俳優さんなので嬉しい。


親友マイケル役のロビン・デ・ヘススの優しい目の表情が素敵。
そして、リンさんもまさかのところで登場します。映画館で笑いが起きていました(笑)。

早速サントラを聞いていますが(Youtube Musicありがとう)、劇中劇『Superbia』のナンバーは入っていず悲しい。
あれ、よかったのにな。探そう。

-----
(ご参考まで)
RENTの映画版、最初の10分。


akikoyanagawa at 00:40|PermalinkComments(0) その他舞台 | RENT

2021年06月07日

「国宝 鳥獣戯画のすべて」at 東京国立博物館(2021年6月)


153358_OMD54367_210605
鳥獣戯画展、面白かった!

甲乙丙丁の各巻、ゆっくり順番に観られたのはもちろん、
山寺宏一・恒松あゆみ両氏の音声ガイドのお影で、一つ一つ展示の意図を理解しながら進めたのもとても良かった。



なぜこの巻物に価値があるとされているのか、どのポイントが興味深いとされているのかを細かく説明してくれたり、発見されたこと・いままだ解っていないことも折に触れて聞かせてくれます。
プラス600円ですが、もし行かれる方はぜひにとオススメします。

甲巻のタッチがやはり好き。動物たちを囲むススキなど植物のラインが美しくて惚れ惚れ。
乙巻でのゾウと麒麟の独特の雰囲気も楽しい。
丙巻だったかな、セリフが絵に添えられていたりもして、漫画の吹き出しってこんな時代から考え方あったのね…と思ったり。

15時から16時の間に入場の回だったのですが、続きを読む

akikoyanagawa at 23:22|PermalinkComments(0) イベント